【超怖い話 実話 意味が分かると怖い話】俺は妻を殺してしまった。短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【超怖い話 実話 意味が分かると怖い話】俺は妻を殺してしまった。短編

俺は妻を殺してしまった。

遺体を捨てるために、ありきたりだが

人気のない

山奥へと車を走らせた。

IMG_1861.jpg


しばらく走っていると、遺体を埋めるには打ってつけの場所を見つけた。



その場所は土も柔らかくて、スコップがサクサク入った。



思っていたよりも早く済みそうだ。



すっかりイージーモードに入っていたが、トラブルは突然起こってしまった。





「ありきたりで打ってつけの場所か…」





【解説】





『その場所は土も柔らかくて、スコップがサクサク入った』

『ありきたりで打ってつけの場所か…』



遺体を埋めるにはありきたりで打ってつけの場所だったため、

すでに遺体が埋められていた。



土が柔らかかったのも遺体を埋めるために

先に掘り起こした人がいたから。





遺体を埋めるには打ってつけの場所ということは、

なかなか見つからない場所とも言えるはず。



これが埋蔵金だったらどんなに良いことか…。



反応を見る限りそんなことはありえないが。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます