【怖い話 意味が分かると怖い話】俺は部屋にこたつを出すことにした。短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 意味が分かると怖い話】俺は部屋にこたつを出すことにした。短編

12月末にもなるとさすがに足元が寒くなり、

俺は部屋にこたつを出すことにした。

次に俺はやはりこたつには

みかんが欲しいと思い

IMG_3594.jpg


あらかじめ買っておいたみかんをテーブルの上においた。



俺がみかんを食べようとみかんに手を伸ばしたとき、後ろの方で小さい音がした。



物が倒れた音だろうと思ったが、一応確認しようと、



俺はこたつから出て音が鳴った方へ行った。



案の定、本棚の本が少し傾いただけだった。



俺はこたつに戻り、テーブルの上にあったみかんの実を食べた。





【解説】





みかんに手を伸ばしてから、

その場を離れたはず。



となると、いつみかんをむいたのか?

ということになる。



侵入者がいたとしても、

丁寧に皮だけむくのもおかしな話だし、

一体誰が…?



それとも『みかんの実』というのは、

そもそも”皮付きのみかんそのもの”を指すのだろうか?



「実になった」と言うだろうし。



皮のままのみかんを指しているのだとしたら、

この語り手は皮ごとみかんを食べていることに…。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます