【怖い話 意味が分かると怖い話】嫉妬深くほとんどストーカーと化していた。短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 意味が分かると怖い話】嫉妬深くほとんどストーカーと化していた。短編

先輩のOさんにはSという友人がいたが

嫉妬深くほとんどストーカーと化していた。

そんな中Sが行方不明になり、

ほっとしていたがあいつのことだから何をしでかすか・・。

IMG_1997.jpg


ある日Oさんの家にソファーが届いた、



Oさんが頼んだ特注品のはずだったのだか・・・。



「何だコリャ?色が違うしかなり古ぼけてるぞ」



「そうですよね、業者さんに聞いてみますか?」



どうやら業者さんの間違いらしく業者さんはすぐに来てくれた。



「申し訳ありません、



あなたの友人という方からこれを送ってくれと言われたので・・。」



Sだ!ここまで嫌がらせをするとは・・・。



「とにかく頼んだものを」



「分かりました」



私はなんとなく古ぼけたソファーに



気味の悪さを感じたので業者の人に聞いてみた。



「あの、それはどうするんですか?」



「リサイクルでも人気が無かったらしいので焼却処分ですね」





【解説】





ストーカーのSは古ぼけたソファーの中に入り込んでいたが、

Oに取りかえられることになり、

しかも、そのソファーは「焼却処分」されることに。



となると中にいたSは…。



というか、そのソファーの中で

いつまで過ごすつもりだったのだろうか?



行方不明になっている期間もあるし、

もしかしたらSはすでに…。





あと、業者さんは間違いとしているのに、

『あなたの友人という方からこれを送ってくれと言われたので』

とはどういうことなのか…?



意図して送ったように見えるけど、果たしてその意味は…?



仮にソファーの中に入ったとしたら

S一人では入れないだろうし、

この業者さんが共犯者なのだろうか…?


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます