【怖い話 意味が分かると怖い話】無人島で数年間生活していた夫婦が発見された。短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 意味が分かると怖い話】無人島で数年間生活していた夫婦が発見された。短編

飛行機事故により遭難し、無人島で

数年間生活していた夫婦が発見された。

救助されてしばらく後、

二人はインタビューを受けた。

IMG_3606.jpg


「島の生活でつらかったことは何ですか?」



「とにかく肉が恋しかったですね。



あの島は果物と水は豊富にあったのですが、動物が全くいなかったんです。



なので肉を口にできるのはせいぜい10カ月に一回くらいでした」





【解説】





『肉を口にできるのはせいぜい10カ月に一回くらいでした』



遭難していたのは夫婦。



妊娠して、出産した子供を食べていた。



自分の子供を食べるために産むなんて…想像したくないですね。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます