【怖い話 本当にあった怖い話】2年前の8月ぐらいの話。短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 本当にあった怖い話】2年前の8月ぐらいの話。短編

マンションで独り暮らしなんだけど、

2年前の8月ぐらいの話。

その日の夜1時半ごろ、

俺はもう寝ようとベッドで本読んでたんだけど

IMG_2457.jpg

隣りのおやじの部屋がドタドタしだした。

飲んで帰ってきたらしい。

ドアをバタンと閉めたり、

「あつい~」

ってうなったり。

そのうちテレビをつけたみたいで、(これまた大音量で)
芸能人かなんかが喋ってるのが聞こえてきた。

どうやらお笑い番組みたいで、
その人がまたガハガハ大声で笑うんだよ。

うるさいなと思って壁叩いたけど無反応。

しょうがないから我慢。

そんなのが結構続いたんだけど・・・

突然テレビの音とおやじの笑い声が
ピタッと同時に止まった。

止まり方がいやに奇妙で、
ビデオの停止押したみたいに、
瞬間的に静かになったんだよ。

笑ってる途中だったのに

アハハハハ、ハハハハハハハ

みたいな感じ?

息を呑んだ様な感じもせずに、とにかく止まった。

で、そのまま静寂が10秒ぐらい過ぎると、

ザーーーッ、と砂嵐の音が聞こえてきた。

訳がわからずじっと音を聞いてたら、
砂嵐は5秒ぐらいでプッツリ切れた。

その後は、ひたすら静寂。

怖くなって布団かぶってたらその内寝ちゃったみたいで、
次の日は普通に仕事にいって、まぁ普通に生活してたけど、
隣の部屋からは物音一つ聞こえなくなった。

そのうち、その出来事自体俺は忘れてたんだけど、
それから2週間ぐらいして、

そいつが行方不明になったことが判明。

管理人が事情聴取?みたいなので家に来てわかった。

部屋に入ったらしくて、
電気が付けっぱなしだったと言ってた。

しかも仕事に来なくなった日が丁度あの日の次の日から。

心底ゾッとした。

管理人には何も言わなかった。

その後、男が見つかったと言う連絡はなくて、
隣の部屋には夫婦が引っ越してきた。

うちはというと、テレビが怖くて怖くて。

結局友達に譲って、
それから俺の部屋にはずっとテレビが無い。

できるだけ思い出さないようにして暮らしてるよ・・・



関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます