【怖い話 洒落にならない怖い話】小学2年で倉庫の中をあさってたら 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 洒落にならない怖い話】小学2年で倉庫の中をあさってたら 短編

もう30年近く前の話なんだけど

そのとき俺は小学2年で倉庫の中をあさってたら

結構きれいなカゴが出てきた。

早速その日から

IMG_0485.jpg


そのカゴに学校の道具を入れて
学校へ行くようになった。

でも家に帰ってきてあけてみると
いつもは5本しか入っていないはずの
鉛筆が6本になってた。

誰かに入れたのかと思って放っておいた。

そしたら次の日に見たら
財布の中に1000円しかないはずなのに
2000円あった。

ひょっとしたらばあちゃんがくれたのかもしれない、
などと適当に都合よく考えてたら

また次の日、今度は前の日に入れてたにんじんが
1本が2本になってた。

どうもおかしいと思って家族に相談したけど

「見間違いでしょ」

で済まされた。

案の定次の日も
消しゴムが1個から2個に増えていた。

いい加減気味が悪くなって
倉庫の元あったタンスに入れておいたよ。

覚えておくために鉛筆2本入れて。

で、この前それを偶然見つけて
あけてみたら鉛筆が10本あった。

もう怖くて倉庫に入れないよ・・・・


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます