【怖い話 洒落にならない怖い話】俺の友人に霊感のある奴(自称)がいる 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 洒落にならない怖い話】俺の友人に霊感のある奴(自称)がいる 短編

俺の友人に霊感のある奴(自称)がいる

ある日、そいつ(B)から何故かFAXが来た

「今日、オモロイ物買ったから見においで」

ノコノコとBの家に行くと

IMG_3604.jpg


「来た来た、まあ上がりな」

「面白いものって何よ?」

俺が訪ねるとBは

「あれですよ」

と、冷蔵庫を指差した。

その冷蔵庫は緑色で取っ手の所は
黒に銀のラインが入ったレトロな物だった。

俺「何コレ?中古?」

B「うん、リサイクルセンター行ったらコイツがあってさ、
霊的な物感じたからさ、買ってしまったよ」

俺「・・え!、いわく付きなの?」

B「いや、いわくっつーか、悪い霊ではないんだけど、
自爆霊みたいもんだよ、子供だし」

俺「何か変な行動起こすの、こいつ?」

B「んー、夜中に唸るかな、「・~~」って」

俺「それってモーターかなんかの音なんじゃないの?」

B「それがさ、耳じゃ無く頭の中に聞こえるんだよね」

俺「いや、その感覚全然わからん」

B「ま、ゆっくりしていきなよ、
その内体験出来るかもしれないからさ」

そうしてBと遊んでいたら喉が乾いてきたので

「なんか飲み物ないかな?」

と聞くと

「冷蔵庫の中から勝手に好きな物飲んで良いよ」

と、答えたので冷蔵庫の前に行くと、
冷蔵庫からガコンッ!と音が鳴り、その後に

「・~ん・・」

とモーター音のような音がする。

その音は何と言うか耳鳴りのような感じで聞こえて来る

「気のせいだろ、たかが冷蔵庫じゃねえか」

そう思い、冷蔵庫を小馬鹿にするようにペシペシと軽く叩いた。

すると

「コンコン・・」

と冷蔵庫の中からノックするような音が・・・。

「おっ・・」

Bが呟く、俺が戸惑っていると、その音は

「コンコン・・コンコン・・、ココココココ・・」

と連打!

「おいおいおい!恐くて開けられないんですけど・・」

と俺が言うと、Bは

「気に入られたかもしれないね、大丈夫だよ、害は無いからさ」

と言ったので、そんなもんかなと思いつつも
ビビリながら開けようとするが、全然開かない

「ふぐぐぐ・・!」

いくら力を入れても開かない。

恐怖心で力が入らないんだ、
そう思い何度もやったが駄目。

みかねたBが

「何してんだよw」

と笑いながら冷蔵庫を簡単に開けた。

B「きっとお前に見られるのが恥ずかしかったんだな、うん」

俺「いや、見たく無いし、あ!あれだ、
きっと冷蔵庫の中の物が振動で揺れていたんだ、
それであんな音がしたのか」

B「ま、そーゆー考え方もあるわなぁ」

一番恐かったのはBが冷蔵庫から取り出した飲み物が
カロリーメイトだった事。

B「これしかないんだよ」


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます