【怖い話 不気味な話】心霊写真かと思って、面白そうだったので俺も同席した。短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 不気味な話】心霊写真かと思って、面白そうだったので俺も同席した。短編

俺の家の神社にこの間、心霊相談で

男女のカップルが来た。

対応したのは姉ちゃんで、

写真の相談だった。

IMG_3480.jpg


心霊写真かと思って、面白そうだったので俺も同席した。

しかし見るところ普通の写真。
なんだよ、普通じゃねーかと思ってたらなんか女が写ってるところにプツプツと穴が開いてる。

「ああ、丑の刻参りで使われましたねー」って平気な顔で姉ちゃんが言ったら女のほうが泣き出した。

※【丑の刻参り】
午前1時から午前3時ごろに神社の御神木に憎い相手に見立てた藁人形を釘で打ち込むという、日本に古来伝わる呪術の一種

お姉ちゃんは女の人を慰めて、俺は暇になってきたから部屋に帰ろうと思った。
そのとき男の方をチラリと見たんだけどなんか様子が変。

自分の唇をベロベロ舐めて、息遣いを荒くしながら女を見てた。
姉ちゃんもそれに気付いたらしく、女だけ違う部屋に呼んだ。

俺と男は二人きりになった。

「あ、あの、大変でしたね」と、声をかけてみた。
男は無視。
すると急に「ね、俺の彼女可愛いでしょう。どこどこで会って~」と、馴れ初めを話してきた。

俺は会話をさえぎるように、「すいません、トイレ」といって席を立った。
なんだかあの男が嫌だった。

トイレから戻ってきたとき、女と男は帰るところだった。

「この写真は処分しておきます。気をつけてくださいね。また来て下さい」と、姉ちゃんは女にお守りを渡した。

「ありがとうございます」って言って、車に入っていった。

すると急に男が俺に近づいてきて、「やっぱり女はああやって恐怖におびえている時が一番可愛い」と呟いた。

俺は凍りついた。

ああ、丑の刻参りをしたのはこいつだ、と・・・。
そうして車は走って行った。

あのカップルうまくいってるのかなぁ・・・。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます