【怖い話 不気味な話】子供を産めない理由 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 不気味な話】子供を産めない理由 短編

この間、同じ職場のEさんという

人が退職していったんです。

彼女は30代後半。

色白で華奢でとても綺麗な人でした。

IMG_1389.jpg


彼女は私と仕事をしている間に一回離婚して、そしてその数ヶ月後に違う男性と再婚をしました。(なので一回名字が変わった)
私はすごく親しくしていた訳じゃないんですが、彼女が退職する時、昼休みにちょっと呼び止めて。

「そういえば、どうして突然退職することにしたの?再婚した旦那さんが転勤とか?」

「ううん、旦那は転勤はないの。自営業だから・・・」

「あ、もしかして赤ちゃん?おめでた!?」

そうだったら、すぐにお祝いを言おうと明るく言ったのですが・・・彼女の顔が途端に曇りました。

彼女は前の旦那さんと結婚していた5年間、赤ちゃんが出来なかったようで、もしかして離婚の原因も不妊が原因?と余計な勘ぐりをしていたので「あ・・・言ったらまずかったのだろうか・・・」と自分の浅はかな発言に後悔していました・・・。

「ううん・・・違うの。でもさ・・・よかったら聞いてくれる?」

返事をする前にやんわりと手をひかれて、人の全くこない階段の下まで連れていかれてしまいました。

「今から言うこと誰にも黙ってて。親にも友達にも相談出来なかったの」

以下、彼女が私の返事や相づちも聞かず、俯いたまま独白した話です。

「前の旦那と結婚して・・・5年・・・。実は私2回妊娠したことがあったんだよ・・・。でもね、2回とも産めなかったの。流産とかじゃなく、経済的な問題じゃなく『産めなかった』の。妊娠している時に夢を見たの。もーすっごくリアルな夢。それは誰かの視点なの。私は夢の中で暗い道を歩いているの。そうすると前方に女性が歩いているのが見えて、私はそれにむかって突進していくの。ドン!と音がしそうなすごい衝撃が起きて、気づくと女性が倒れているの。自分の手が震えているのがわかって、見ると、血まみれの包丁が・・・。」

「それから、場面が変わって私は誰かの寝室に入っていくの。ベッドの上には誰かが寝ていて、私は布団の上からその人のお腹を撫でるの。女性はお腹が大きくて・・・妊娠しているんだというのがわかった。どこかで・・・どこかで見たことがある。寝ている人を見たことがある・・・と思ったら、それは私。私が寝ているの。夢の中の私は私のお腹の中にぐっと手を入れて・・・」

「え・・・?」

そんなことを明るい昼間の、しかも会社の昼休みに突然言われて、呆気にとられたのですが、彼女はかわまず続けました。

「そのままぐーっと中に入っていったの。中は暖かくて、暗くて、そしてすごく安心する気持ちがいい場所だった。私はそのまま、夢の中で眠りに落ちたの。誰かに守られているんだ、という気持ちで安らぎながら・・・」

もうびっくりして言葉もありません。
彼女は私を見もせずに続けました。

「そんな夢を最初の妊娠の時に何度も何度も見たのね。でも場面はいつもいつも違うの。誰かを刺し殺す夢もあれば、開いている2階の窓から侵入して、寝ている女性の首をしめて殺したこともあったし、小さな子を連れ回して、あげく川に突き落として殺したこともあった。でも、必ず最後は寝ている自分の所へ帰るの。自分の中へ・・・お腹へ入っていくの。そこで終わるの。だから・・・最初の子は・・・旦那に黙って・・・おろしたの」

「実は妊娠中の人達が集まるフォーラムに顔を出したり、ネットでそういう事例がないか検索したりもしたし、色々したんだけど、あんまりにも、あの夢の自分がリアルで・・・。肉を切り裂く血の匂いとか・・・首をしめた時の手の感触とか・・・突き落とした子供の髪の毛とか・・・気持ち悪くて」

「もしかして、それ、2回目の妊娠の時も見たの?同じ夢」

「2回目は・・・もっともっとひどかった」

「まさか2回目も?」

彼女は黙ってうなずきました。

もーなんて言ってあげたらいいのかわかりませんでした、私独身で子供もいないし。
妊娠中ってそういうことあるんじゃないのかな?とか考えすぎだよ、とか。
そんな深刻になることないじゃない?とか。大丈夫だよ~と、明るく笑ってみたり。
でも、彼女は暗い顔のまま俯いているだけです。

「だから・・・別れたの。私と前の旦那の子・・・でなければ・・・もしかして、と思って・・・」

そこで昼休み終了のチャイム(うちはチャイムが鳴る会社なんです)が鳴ったので、彼女は笑顔をつくって「もう大丈夫だと思うんだけどね、相手が違えばきっと、と思うんだけどね。ねぇ?」

私はそうそう、大丈夫だよ、とか、気にすることないよ、とか、そんなような言葉しか口に出来なかったような気がします。
次に妊娠する時はもうそんなことないと思うよ・・・とかなんとか。

そして彼女は退職していきました。
それが1月の下旬の話。

そして、昨日5月5日、GWの最終日前、彼女に偶然街でばったり逢ったんです。
久々に逢う彼女は、なんだかますます色が白く、華奢になった気がしました。

「久しぶり~!元気?もーうちなんてEさんがいないから忙しくてさぁ~!」と、私は会社の近況を話そうとした時「Kさん・・・やっぱりダメかも・・・また見たよ。今度はもっともっとひどかった・・・。じゃあ、元気で。さようなら・・・」

汗ばむほど天気のいい日でしたが、
冷水を頭から浴びせられたようにぞーっとしました。

怖くなくて本当、すみません。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます