【怖い話 不気味な話】貼り付く女の霊 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 不気味な話】貼り付く女の霊 短編

あれは大晦日のことでした。

深夜、煙草を買いに

行こうと少し離れた

場所にあるコンビニに出向きました。

IMG_2122.jpg


私の住んでる所は、はっきり言って田舎なのですが、昔は街道筋だったので狭い道路を挟んでそれこそ江戸時代を思わすような古めかしい木造建築の家がずらっと並んでいます。

普段ならこの時間は人通りがまったく無いのですが、近所の寺や神社に参拝に行く人々でしょうか、数人とすれ違いました。

コンビニで煙草と缶コーヒーを買い、除夜の鐘を聞きながら家に向かって来た道をゆっくりと帰ります。

すると先ほどの街道筋に入ったときです。
街灯もなく薄暗い中、何か白い物がひらひらと揺れているのが視界に入って来ました。
その時は、「ああ、洗濯物でも揺れているんだろう」と思い気にせず通り過ぎようとしました。
段々と近づくにつれ、それが何か判りました。

真っ白い着物を着た女の人です。

手足を広げてまるでヤモリのように、その家の2階の壁にべったりと貼り付いているんです。
まるでその家の中を覗うかのように・・・。
この時点でその女性が生きてる人では無いと判りました。
垂直な壁にべったりと貼り付くような真似は生身の人間では無理でしょうから。

今から思うと何故あの時、あんなに行動に出たのか判りませんが、私は相手に気づいた事を悟られてはいけないと思いそのまま通り過ぎることにしました。

冷静なつもりでしたが、かなりテンパっていたのでしょう、Uターンして別の道から帰るという手段もあるのに・・・・。

極力そちらの方を見ないようにしていたのですが、やはり気になります。
チラチラと盗み見をしながらそこを通り過ぎました。
若い女性のようでしたが自信はありません。
顔は見えなかったので・・・恐らく見ていたら気絶するか絶叫して助けを求めたかも知れません。

着ている物も着物というより葬式の時に死者に着せる白装束のようでした。
角を曲がり、相手から自分の姿が見えないと判った瞬間、恐怖がこみ上げてきました。
ダッシュして家に帰り、部屋に鍵をかけて布団に潜り込みました。

あの日に葬式があったわけでもありませんし、特に変な噂もない。
ごくごく普通の夫婦が住んでる家なので、あの女性が何者なのか・・・。

今まで生きてきた中で一度だけ経験した恐怖体験でした。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます