【怖い話 戦慄の恐怖体験談】山奥に10人程度で泊まりがけのキャンプをしたときのこと。長編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 戦慄の恐怖体験談】山奥に10人程度で泊まりがけのキャンプをしたときのこと。長編

四輪駆動車で普段人の行かないような

山奥に10人程度で泊まりがけ

のキャンプを

したときのこと。

IMG_2045.jpg


その晩はすごい雨が降っていて山の斜面から流れる水がちょっとした川のようになるくらいひどい天候だったけど、大きめのタープもあるし、そう言ったひどい状況には何度も合ってるから、みんな割と慣れた様子で数個のランタンを中心に深夜も酒を飲んで歓談していたんだ。

そのとき数人がビールが切れたから俺の後ろに置いてあるクーラーボックスから何本か取り出してくれと頼まれたので、快諾してキャンピングチェアに座ったまま後ろを向いてクーラーボックスを開けて何本かビールを取り出した。

ちょうど俺の後ろにの数メートル先には俺の車がランタンの光がかろうじて届くくらいの位置に停車しており、ふと自分の車に目がいった。

すると車のシャーシと地面の隙間からこちらに向いてつま先立ちしている2本の足が覗いており、

「あれ?誰か俺の車の向こうで立ってるのかな?まさか立ちションしてるんじゃないだろうな?」

とおもって、誰だろう?と視線を上に上げようとしたのだが、突然本能が

「絶対に目を上げるな!!」

とものすごい勢いで警告を発していた。

いい加減ほろ酔いで、しかも普段レイとは無関係な俺がなぜか急に怖くなって視線をあげずにみんなの方向へ向き直ってビールを何本も飲んだ。

それからもアタマの中では「絶対に振り向くな」と本能が告げていたので決して振り向くことはなかった。

なぜならタープ内には全員がいる。

それに他の人間がとても入ってこれるような場所ではなく、どう考えてもおかしすぎる。

はたと、対面に座ってるヤツは何か見えてるのだろうか?と思いつつも、対面の人間の位置からは真ん中においてあるランタンの光が強くて車まで見ることはできないようだ。

少し元気がないといわれたが、まさか本当のことを話すわけにもいかず、少し酔ったとごまかしつつも席を離れることができなかった。

こうしていくうちに一人、また一人と席を立ち、それぞれのテントや車へ戻っていく。

そして俺と隣にいる友人の二人だけになった。

俺のアタマの中にはまだ本能が危険を告げており、とても振り向ける状態ではない。

ランタンのガソリンも一つ消え、二つ消え、徐々に暗くなっていく。

みんなすでに寝静まったようで、振り付ける雨の音だけが耳に入ってくる。

友人と内容のない話をしながら、まだ席を立たないでくれと心の中で願っていた。

そんな心の内を知ってか、友人は席を立たずに一緒に酒を飲んでくれた。

1時間くらいたって、本能の起こす警告がはたと止んだ。

今まで心の中で巻き起こるいやな感じが急になくなって、もう安全だと感じたときに友人に、事の顛末を話したところ、友人も同じ状況にあったとのこと。

しかし俺の車を振り向く勇気がなかったので、そのまま友人の車に止めてもらうことにした。

結局霊を見ることはなかったが、自分にとってはめちゃくちゃ怖い体験だった。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます