【怖い話 戦慄の恐怖体験談】事故を起こして喜んでいるかのように・・・。長編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 戦慄の恐怖体験談】事故を起こして喜んでいるかのように・・・。長編

オクでバイクを買いました。外見は綺麗だし、走行距離も

それほど多くなくて、

しかも考えられないような値段で

落札できたので、とても嬉しかったんです。

IMG_2606.jpg


前から欲しかったバイクでもあったので、それは嬉しくて休日は必ずツーリングに行くようになりました。

それまで移動手段が自転車だった僕にとって、バイクは鼓動範囲を飛躍的に広めてくれました。

おかげで県外の友達も出来、それはそれは楽しい日々を送っていたんです。

しかしある日、脇道から出てきた車に接触され、事故ってしまいました。

この事故で、僕は両足を骨折してしまい、入院を余儀なくされました。

事故の原因は全て先方にあると言う事から、入院費やバイクの修理代は全て先方がもってくれる事になったのですが、既にバイクが体の一部のように感じていた僕にとって、バイクに乗れない日々はとても苦痛にしか思えませんでした。

そんな僕を励まそうと思ってくれたのか、毎日のように友人が見舞いに来てくれ、少しは気が晴れてきた時、一人の友人が口にした言葉に僕は耳を疑いました。

「あれ?彼女は見舞いに来てくれないのか?」

彼女?

自慢にはならないけど、と言うより悲しいことなんだけど、僕は彼女いない暦21年なんです。

でも、友人はみんな口を揃えてこう言うんです。

「ホラ、いつも後ろに乗せていた彼女だよ。ポニーテールの。」

全く覚えがありません。

そして僕は気が付くと、バイクを売ってくれたオクの取引相手に電話をしていたんです。

最初は否定していた取引相手でしたが、しつこく問いただしている内に、渋々と重い口を開いたんです。

「実は、あのバイクの前の持ち主は俺の妹なんだ・・・」

彼曰く、彼の妹はポニーテールの似合う、ちょっとやんちゃな女の子で、164cmと小柄な体ながらバイクを男顔負けに操る凄腕の持ち主だったそうだ。

しかし彼女は些細な接触事故がきっかけで、他界してしまったんだそうだ。

事故自体はそれほど大きなものではなく、誰でも経験しそうな、軽微な事故だったらしい。

ただ彼女の場合は運が悪く、転倒した場所に縁石があり、彼女はそこに後頭部を強打してしまい、即死だったそうだ。

彼は妹の死を嘆き、その原因になったバイクを手元に置いておくのも辛くなり、一旦は廃車してしまおうと思っていたが、生前、妹が毎日のように磨いていたバイクを見るとそんな気にもなれず、それなら誰か大事に乗ってくれる人に譲ってしまおうと考えたらしい。

そして何の縁か、バイクは僕の元にやってきた。

みんなが見たという女の子は彼の妹の霊だったんだろうか?

バイクが好きで好きで、それなのに突然向こうの世界に行くことになってしまった自分を嘆いて、バイクにもっと乗りたいという想いをこの世に残してしまった為、成仏できなかった彼女の霊だったんだろうか?

一ヶ月が過ぎ、僕は退院をし、また元の生活に戻っている。

しかし入院前と違うのは、僕の生活の中にバイクが無いと言う事だけだ。

まだ修理中というわけではない。

バイクは入院中に修理が終わり、バイク店からも再三引き取りの電話が入っている。

しかし僕はまだ、バイクを取りに行こうかどうか迷っている。

それは交通事故の相手がふと漏らしたこんな一言が原因だった。

事故を起こしたとき、何故かブレーキが利かなかったんです。

それより一番不思議だったのはぶつかる瞬間、後部座席に乗っていた女の子がとても嬉しそうに笑ったんですよ。

まるで、事故を起こして喜んでいるかのように・・・。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます