【超怖い話 実話】「連続放火事件」が発生 長編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【超怖い話 実話】「連続放火事件」が発生 長編

これは俺の知り合いの友人の話です・・・。

今から話す出来事の起こった町では、当時、

物騒なことに

「連続放火事件」が発生してまして。

IMG_1715.jpg


死人は今のところなく、全てボヤで済んでいたものの、危険なことに代わりはない。

火をつけられる家は一般家庭も会社も空き地も節操がない。
そういう前提の元読んでくださいな。

で、その知り合いの人の友人は小さな会社をやっておりまして、当時、従業員を募集中だった。
募集していたのは経験者(新人じゃなくてね)即戦力が欲しいと言うこと。
それで、その会社にとある人が「雇ってくれ」と言ってやってきました。
後日面接をする、ということにして、面接の日取りを決めたそうです。
面接の時に履歴書を見てみると、その入社希望の人はスキル経験等は問題なかったのだが、困ったことに以前いた会社が取引先の会社だった。

「雇いたいのはやまやまなんだけど、こういう状態で雇うと、取引先に『おまえの会社が引き抜いた』と言われかねない。申し訳ないが雇えない」と言って断ったそうです。
入社希望の方も納得したらしく、帰っていったそうです。

それで、そのこともすっかり忘れた数ヶ月後、会社に刑事さん達がやってきたそうな・・・。

「○○という人を知りませんか」

刑事はそう言った。
忘れもしない、それは数ヶ月前面接をした人の名前。
知ってます、知ってます、と事情を説明すると刑事さん達はこう言った。

「実は彼はここのところ続いてる連続放火犯だったんです。彼は自分に恨みがある会社とか、知り合いとかの家に放火をしていたそうです。カモフラージュのために、関係ない場所も織り交ぜながら。彼が面接に言って断られた会社も放火の被害に遭ってます」

だが、その社長さんの場合、断る理由が彼の人となり、とかそういうのではなく、「前の会社が取引先だから」という彼にとっても納得できる理由だったから、放火されなかった・・・とのこと。

彼が面接に行ったほかの会社はほぼすべて放火されていたそうだ。
もしあの時ほかの理由で断っていたら・・・下手をすると社長家族は死んでいたかもしれない、と。

それというのも彼の会社は同じアパート内に自宅もあったからだそうで、その上、その会社の隣には小さな町工場もあった。
プロパンとかたくさんあったらしく引火していたら爆発もまぬがれなかったそうです。

社長さん曰く「全然放火魔なんかには見えなかった」そうでございます・・・。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます