【超怖い話 実話】私はスーパーバイザーからこっぴどく叱られた。短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【超怖い話 実話】私はスーパーバイザーからこっぴどく叱られた。短編

昔、とある施設で研修をした時のこと。

よく話し相手になってくれる

Aさんという

50代の男性入所者さんがいた。

IMG_3602.jpg


Aさんは穏やかな人で、私が病気の親の面倒を見てる話をすると、色々励ましてくれた。
Aさん自身は幼い頃に両親と兄妹をいっぺんに亡くしたとのこと。
家族は大切だよね、大変だろうけど、親孝行できるのは幸せだよと言ってくれた。

Aさんとは出身地も同じで、よく地元の話で盛り上がった。
ある時私は、何のはずみかは忘れたけど、地元の心霊スポットになっている廃屋の話をした。
いつも穏やかなAさんの表情が、その時一瞬とても険しくなって「君はその廃屋に行ったことあるの?」と聞いてきた。

私は、「いえ、私は心霊スポットとか肝試しとかは嫌いなんで。しかもそこでは、肝試しに行った人が大怪我したらしんですよ。何でそんなところに行くのか理解できませんよね」と答えた。

するとAさんはホッとした表情になって「そうだよね。肝試しなんてする連中の気がしれないよ」と頷いていたが、そのうち「うんうん、ああいう、肝試しなんて言って荒らしに来る連中は屑だ、あいつらは屑だ」と、急に人が変わったように呟きだした。

私は驚いて、Aさん?Aさん?と呼び掛けたんだけど、Aさんは上の空で「・・・心霊スポットだと?人の魂を何だと思ってる、ゲラゲラ笑いやがって。何の罪もないのに、殺されたあげく笑い物にされなきゃならんのか。ふざけるな、糞野郎どもめ。あいつらは殺されて当然だ女は犯してやった、ざまあみろ!!!」

異変を察した職員が飛んできて、Aさんは静養室に連れて行かれた。

私はスーパーバイザーからこっぴどく叱られた。
あとから聞いた話では、Aさんの家族は強盗に皆殺しにされ空き家になったその家が、のちに心霊スポットと言われるようになった。
大人になって久しぶりに家に訪れたAさんが肝試しに来たDQNとトラブルになり傷害致死とのことだった。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます