【超怖い話 実話】俺が九州に転勤した時の話 長編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【超怖い話 実話】俺が九州に転勤した時の話 長編

これは俺が九州に転勤した時の話です。

いつものように社宅に入れられるのかと思いきや、

社宅がいっぱいだからっていうので、

自分で探すことになったのよ。

IMG_1438.jpg


現地に行って探せばよかったのに面倒だったのでネットで調べて、店近くでリフォーム済の2LDKがあったからそこに決めたのよね。

築20年のマンションに住宅設備も新品に変えてあり、和室だった部屋も洋室へリフォームしてあり、低価格でお得感があった。
とりあえず、家族には引っ越しの準備してもらい、仕事も休めなかったので俺だけ先に現地に向かったのね。
車だったので13時間の運転はかなりしんどかった。
現地に到着し不動産屋にから鍵を受け取り、部屋へ行ったのね。

もう夕方の7時をまわっており、コンビニでメシとビール買って、車から寝袋とスーツケースおろして部屋に入ったのよ。
とりあえず、電気のブレーカー上げて水も開栓して荷物を洋間に運んだのよ。
腹も減っており、アルコールも欲していたので、その洋間ですぐに飲み始めた。
たぶん、この部屋が元和室だったのだろうか、押入れの作りになっており、その押入れの上には天袋もあったのね。
天袋なんて築20年を感じさせた。

疲れているせいか酔うのが早かった。
体を横にしてうつらうつらし始めた時、なんか耳鳴りがして、キーンって感じだった。
でもって体が動かなくなった。

疲れているからだろうな、このまま寝ちゃおうかって思ったんだけど、目はぱっちりしちゃってるんだよね。
さっきまで眠かったのに。
俺、まったくの霊感ないので今まで、心霊現象に出くわしたことないんだけど、これが金縛りなのか?と思った。

体を動かすこともできず、目線の先っていうとさっき話した天袋なのね。
襖戸(ふすま)が少し開いており2センチくらいの隙間ができてるの。
目閉じるか、その隙間を見るしかできない状態だった。

その隙間を見始めたんだけど、ギョッとした。
誰かその隙間からこっちを見てるのよ。
隙間には確かにギョロギョロ動く目玉と、髪の毛が見えるのね。
でその目玉もこっちを見ているの。

あのスペースであの目の向き、首だけの人なのか霊だとしか思えなかった。
あの向きだと体は天袋下の押入れにないとおかしい。
押入れの襖は外されたままなので、下に体がないことはわかる。
こりゃまずいと思ったけど、体が動かない。

とそこで携帯がなった。
でもって金縛りがとけたのよ。
電話に出たら赴任先の部下からだった。
もう怖くなっちゃって、部屋から飛び出して電話をくれた部下を呼ぶことにした。

そいつすぐきてくれて、その天袋も調べてくれたの。
そしたら、小さな桐の箱があり、箱の蓋部分にはお札みたいのが貼ってあり、紐が巻いてあったのね。
蓋と箱の間からは髪の毛がはみだしていた。

そんなもん見てしまったら尚更怖くなり、その晩は部下の家に泊めてもらった。

次の日、管理会社と連絡を取りすぐに来させたのね。
天袋の中の箱も管理会社のやつに見させたんだけど、昨晩は髪の毛みたいのが蓋からはみだしていたのに、今ははみだしていない。

夜のうちに箱に戻ったってこと?目玉もこの箱からでてきたのか?
そんな体験してしまってはその部屋に住めるわけないよね。
ちろん解約することにした。

俺が唯一体験した心霊体験でした。
あの箱ってなんだったのか?
ちなみに箱のあったマンションはF県K市K区にまだあります。
箱がどうなったかはわかりません。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます