【心霊・怪談】当時は死ぬ程怖かった話。短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【心霊・怪談】当時は死ぬ程怖かった話。短編

今となってはあまり気にしてない

ことなんだけど、当時は死ぬ程怖かった話。

1~2年前くらいに新しい

携帯電話買ってもらった。

IMG_2519.jpg


当時は新機種のやつでとにかく嬉しかった。

その帰りにSDメモリーカードも買ってもらって気分はウハウハで帰宅。
で、携帯をいじる・・・いじってると、SDカードに記録するようにビデオカメラモードで録画すると、10分くらい録画できることがわかり、それを使ってゲームの画面とかテレビ番組とかを録画して、一人ではしゃいでた。

そんなこんなで12時くらいになって、そろそろ寝ようかなと携帯を机の上において、ベッドに入ったんです。
でも、あまりにも興奮してたのか、ビデオカメラモードを起動させたまま寝てしまっていたみたいで、机の上におかれた携帯は、自分の寝ていたベッドの横を写すようになってたんです。

朝起きて、それに気づいて(さすがに電池は切れてた)壊れてたりしてないか、確認して充電器の上に置き、朝ご飯食ったり、顔を洗ったりしてるうちに、充電が完了。
学校で友達とカメラで遊ぼうと携帯を持って学校へ。
で、昼休みに友達と携帯でカメラ取り合ったりしてふざけていると、ムービーフォルダに昨日の夜の動画が保存されてたんです。(電池切れると勝手に保存する)

「自分の寝てるところを見ても仕方ないしなぁ」、と思い消そうと思ったんだけど、友達が「何撮ったんだよ?w」と言ってきたので、誤解を晴らすためとりあえず見ることに。

最初の4~5分は延々と自分の寝ている動画が写されているだけで、正直つまらない場面。
それで、自分が深い眠りについた6分が経ったくらいに、動画に異変が起こりました。

自分の部屋のドアは横に引くタイプで、猫でも開けれるくらい軽く引くだけで開くものでした。
そのドアが『ズズズズズズズズズ』、と横に開いたんです。
でも、自分はペットの猫が開けたんだろうと思い、そんな気にもとめませんでした。

ところが、その猫が中々姿を見せず、どうしたんだろうと動画を再生しつづけていると、突然その
開いたドアの隙間から、舌がでてきたんです。

あれは、紛れもなく舌でした、口の中にある舌。
友達も「舌じゃね?」と言ってました。
非常灯の暗い電気の下で確認できるくらいはっきりと、その隙間から舌だけが、上下に動いてたんです。

それは20秒くらいの間ずっと、『ペロペロペロペロペロ・・・・』と隙間を上下に行ったり来たり。

正直、そのときは友達と一緒になって顔面蒼白、言葉も出ずただただ動画を見てました。
しばらくそんな状態が続いた後、携帯のランプが点滅し始めました。(電池の残量が僅かになると、点滅する)

その光に気づいたのか、その舌を動きを止め、スゥっとドアの奥へ引っ込みはじめたところで、電池は完全に切れました。

今思うと惜しいことに、そのときはよほど怖かったらしく、速攻その動画を削除しました。
それを見てしばらくは、遠くに行った兄の部屋で寝てましたね、もの凄く怖かったので。

こんな感じの、舌が出てくるなんて馬鹿らしい話ですが、友人も確かに見たんです。
何のオチもないですが、友人と「アレはやばかったねw」と時々話題になります。

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます