【怖い話 心霊・怪談】茨城県の建設会社に勤めていたとき、短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 心霊・怪談】茨城県の建設会社に勤めていたとき、短編

茨城県の建設会社に勤めていたとき、

組合主催のバーベキュー大会に

参加しろと強制的に言われたせっかくの休みなのに

50キロ先のキャンプ場に行った。


IMG_1374.jpg


先輩達は家族連れてきてて、新入りの俺に「ビールもってこい、肉もってこい」の連発。
さらにその家族(奥さんや子供)からも「肉もってこい、ジュースもってこい」と言われる始末だった。

先輩達はビール10本以上は飲んだだろう。
顔が真っ赤でフラフラしてた。
そして、「洗い物やっとけ」と命令されて一人沢山の鍋や網を洗うはめになった。

先輩達は家族を車に乗せ飲酒運転で山を下った行った。
俺は怒りの気持ちで洗い物とゴミ集めしてた。

ふと気づくと、見知らぬおじさんが現れ、「大変でしょ?あなただけに押し付けるなんてひどいね」と言い「あの人達はあとで悪いことがおきますから」と、キャンプ場の奥に消えてった。

後日、たくさんビール飲んで家族もろとも調子こいてた先輩(社長の息子)が役所と設計事務所からもらったデータを紛失してしまう事態に。

工事はストップ・・。

しかし社長の息子なのでなんのお咎めなしだった。

別の先輩は飲酒運転で逮捕、また別の先輩は痛風がひどくなり退社。
人数少なくなり、現場での仕事がもの凄い増えて午前様の毎日で鬱病になり長期休養をせざるを得ない先輩もいた。

おじさんの言うとおりになった・・・。
俺は、毎日罵声と暴力、睡眠時間3時間の毎日に体調崩し、一番忙しい時に会社を辞めてやった。

あとでネットで調べたら、そのキャンプ場は霊が出る場所だと知った。
あのおじさんは何か『そういう者?』なのかなと思った。

霊も時には見方してくれるのかな・・・。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます