【怖い話 心霊・怪談】私が『幽霊』を見始めるキッカケとなった体験 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 心霊・怪談】私が『幽霊』を見始めるキッカケとなった体験 短編

私が『幽霊?』を見始めたのは

去年頃からでした。それ以降、街中でも異様な

雰囲気の人を見ると「あっ!」

と思うことがよくあります。

IMG_1717.jpg


私自身はそんなに霊感は強い方ではないのですが、私の身内で幽霊を見た者が結構いるので、そういう『素質?』はあるのかもしれません。

去年の出来事です。
真夏の時期で、とても暑かったのを覚えています。

その日は主人が夜勤で、夜は娘と二人でした。
そして主人が仕事で出かけて、8時位だったでしょうか。
娘が突然、暗い玄関に向かって「友達が来たよ」というのです。
当時、娘はまだ2歳でした。
当然、友達なんかが家に遊びに来る時間ではありません。
ちょうど、夜ごはんの後片付けをしていたので、冗談を言っているのだと、あまり気にしていませんでした。

でもまた玄関を指さして「友達が来たよ」というのです。
今度は気になって、玄関に行ってみました。
電気もついていない真っ暗の玄関を指さして、娘が「ほら」というのです。
さすがに気味が悪く、「誰もいないよ!!」と引っ張って部屋へ連れ戻しました。

そして、何事もなく娘を寝かしつけてゆっくりテレビを見ていました。
9時過ぎたくらいだったと思います。

そんな時、窓から『トントン』と何かが叩く音がしました。
ちょうどベランダに洗濯物を干していたので、風のせいでハンガーか何かが当たってる音だろうと思い、無視していました。

すると、しばらくしてまた『トントン』となるのです。

ここはアパートの二階です。
人がノックするわけありません。

でもちょっと気になってカーテンを開けてみましたが、夜なので真っ暗です。
洗濯物の向こうを見ても何もありません。
風はありませんでしたが、「やっぱり洗濯物なのかな」と思い、また窓を閉めました。

するとまた『コンコン』と音がしました。
「さっき風なかったよな」と思い、さすがに気持ち悪かったのですが、思い切ってまた窓を開けて、外を覗いてみました。

「うわっ!!」

一瞬、目を疑いました。

ベランダの枠の外に、人が立っているのです。
夜なので真っ暗でしたが、男の人だとはっきりわかりました。
その人は、横を向いていて少しうつむき加減でした。
ワイシャツ姿の30代くらいに見えました。

私は怖くて身動きができずに、じっと様子を見ていました。
すると、その人はそのままの姿勢で、スーッと横に移動したかと思うとそのまま消えてしましました。
時間にすると、一分も経っていないかと思います。
しかし、すごく長く感じました。

そのあとは怖くて怖くて、すぐ娘の横に行き、その日は電気を消せませんでした。
思い返せば、娘の「友達がきたよ」といっていた時からいたかもしれず、知らずにずっと過ごしていたと思うと、鳥肌が立ってきました。

何かしらの幽霊的な者だと思うのですが、心当たりもなく・・・。

これが私が『幽霊』を見始めるキッカケとなった体験です。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます