【怖い話 一番怖い話】おじさんの夢を2回ほど見ました。短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 一番怖い話】おじさんの夢を2回ほど見ました。短編

10年くらい前に遭遇した

10円おじさんの話をします。

当時、高校を卒業したばかりで

仲間とカラオケばかり行ってました。

IMG_1497.jpg


一両とか二両しかない電車の通る無人駅のそばにある小さなカラオケです。

土曜なので深夜2時に閉店なのですが、酒を飲んで気持ち悪くなったので、外に出て無人駅の明かりの下でヨイを冷ましていました。

すると、突然赤い作業服のおじさんがよろよろと近寄って来て「す、すまないが10円玉貸してくれ、たのむ、今すぐだ早く」と。

ああ、何か急用で電話するんだなと思い、財布の中を捜すとあいにく10円玉がありません
携帯電話もそこそこに普及しているこの時代に10円で公衆電話?とは思いましたが「ちょっと、友人に聞いてきますので、そこで待ってて下さい」と言った時、変なことに気付きました。

赤い作業服ではなく白い作業服が胸からズボンにかけて赤いペンキ?だか血に染まっているのです。よく見ると血です・・・。

「あの、この怪我・・?救急車を呼んだ方が・・?」と尋ねると「いや、これは何でもない。あんたに関係ない早く10円玉を・・」と言う。

そのぼたぼたと作業服から落ちる滴で、これは普通では無いと感じた。

それより何とも言えない不気味な感じもしたので、その場から逃げたくも思い、カラオケ店の友人に助けを求めようと数メートル先のカラオケの明かりを見ると、丁度そこから出てくる友人達がいた。
彼らはこっちを見て指をさして「いた!何~?何言ってるの」と言いながら笑ってる。

「ちょっと大変だ早く来て!!10円玉ない?電話をしたい人がいる。お店でもいい!!」

友人達は近づいてきて普通に談笑している。

「ねえ?この人を救急車で連れて行かないと!!連絡をしたいようだし大怪我してるし」

友人達は不思議そうな顔をしていた。

「ん?誰?どこにいるの?」

「どこって、ずっとここで今さっきまで話てたんだけど・・」

周りを見渡すとどこにもいない。

「店から見た時からあんた一人しかおらんかったよ大声出してて」と言う。

胸から腰まで赤いペンキだか血のついた作業服来たおじさんだと説明しても、友人は、あんたは一人でここに立って大声を出してたと言う。

変だ・・・。
友人達は気味悪がってる・・・。

ただその作業服一面に付いていた血はぼたぼたと濡れていた。
あんな大怪我をして一瞬にしてどこに行ってしまったんだろう・・・。

結局わからないまま帰った不可解な出来事でした。

それから数カ月後、おじさんの夢を2回ほど見ました。

「10円玉を・・10円玉・・」

赤いおじさんはあの作業服で10円連呼をしていました。
良く分からないので翌日10円玉を10枚と塩を持って駅の外に置いて逃げるように無人駅を後にしました。
この先には死亡事故が起きた遮断機のない踏み切りもありますし。

しかし、私はこの方と実際に話していますので幽霊では無いと今でも信じています。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます