【怖い話 一番怖い話】「あれ?電波届いてないのかなー」短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 一番怖い話】「あれ?電波届いてないのかなー」短編

携帯で友達と話してたんだけど、急にプチッと切れちゃった

んだよね。「あれ?電波届いてないのかなー」と

思ったけど、普通に外だったし、

マーク見ても三本立ってる。

IMG_1858.jpg


「どっか変なとこでも触ったか?」とかあちこち見てみた。
結局なんもなかったから、首をかしげてリダイアルしようと思ったら、逆に着信があった。
番号は友達のだったから、相手からかけなおしてくれたんだな、と思った。

「おーい、もしもし?なんか切れちゃったみたいなんだけど・・・」

『お電話代わりました。担当のMと申します』

マジでえっ?てなった。
で、その後すぐに「ああふざけてんのかな」、と思った
声もそうだったし。
何より番号同じだったから間違い電話はねーだろと。

「・・・ああMさんですか。この前はどうもお世話になりました。○○商事の●●です」

ふざけて言ってみたりした。
Hって誰だよとか思いながら、当然だけど名前も会社名も全部嘘

『・・・・・・●●さんで宜しいのですね。私はHです』

ここで喋り方が変わった。
声は変わって無いんだけど、機械っぽくなる。

何だコイツ、変なの・・・。
俺はちょっとした変化に首を傾げながら自分の用件を伝えた。

「今どこにいるんだよ。俺もう待ち合わせ場所きてんだけど?」

『何の待ち合わせをしているのですか』

「映画だろ。お前が誘ったんじゃねーかwww」

『・・・●●さん。私は今日行けそうにありません』

低い声だった。
けどそれは紛れもなく友達の声だった。

「あ、そうなの?・・・・・・とりあえず演技みたいなのもういいだろ」

呼吸音が聞こえた。
自分を冷静にしようとして、深呼吸してるみたいな『スススウウウハアアアア』。

コイツ深呼吸長いなーと思うのと同時に、だんだん怖くなってくる。

『行けません、行けません、行けません、行けません、行けません、行けません』

俺が本気で怖くなったのはこの辺り。
狂気的なものを感じた。
何かがおかしい。

「お前なんかおかしいぞ。受付かと思ったら次は異常者か?」

そう言うと友達の呟きがぴたりと止まった。
また深呼吸をしてる。

「まあ、行けないのは分かったから・・・・・・。また今度一緒に行こう」と言い締めて電話をきろうと思ったら『エールキキイイイイイイイイタイ』と意味の分かんない音がして相手から切れた。

しかもその時の通話の切れ方がなんか普通じゃなくて、普通はプッで感じで切れるけど、この時は『ブチッ!』って切れ方だった。

「おいマジかよ。」って現実に感じられないほど怖かった。

特に最後の音が・・・。

あれって多分動物の鳴き声みたいなものじゃないかと思うんだよね。
少なくとも友達の声じゃなかった。
映画見る気にもならなくて速攻家に帰った。

怖くて気付いてなかったんだけど、二件メール受信してた。

一通目は友達からで、『ごめん映画いけなくなった。何か通話切れたね。誰かと通話中?』って内容。

二通目は見た事のないアドレスで、『いっしょにいきましょうね』とだけ書かれてた。

一通目は最初の通話が急に切れて、少し後に送られてきたもので二通目は二度目の通話が終わった直後に送られてきたメールだった。

その矛盾に気が付いた時、俺は全身に鳥肌が立った。
だれだ、おまえは。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

No title

怖いけど、矛盾って何だろう?

2017-06-15 08:12 from ポテチの王子様

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます