【怖い話 じわ怖】ラスク喰ってたら思い出した話 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 じわ怖】ラスク喰ってたら思い出した話 短編

流れ読まずにラスク喰ってたら思い出した話を…。

数年前の話なんだけど、おいらの職場は基本、

一昼夜勤の泊まり仕事で仮眠以外に

きちんとした休憩時間が取れないから、

IMG_3486.jpg


暇な時にちょこっとコーヒーやお菓子類をとれるよう、
職場の隅に、各自が持ち寄ったりしたお菓子を
自由に食べられるように並べてあったんだ。

その中のラスクがすごいおいしいと評判になり、
誰が持ってきたのか聞いてみたんだが、誰も知らないとのこと。

もしかして差し入れかと思っても、誰も心辺りがない。

まぁ美味しけりゃいいかとみんなで喰ってたら、
当然すぐ無くなるわけで…。

今度は食費やお菓子用に皆で出し合ってる金で買おう、という話になって、
小袋に書かれた店名をネットで検索するもヒットしない。

結局、住所をみて直接行く事になり、
たまたま明け番だったおいらと先輩で、
車で一時間位の書かれた住所近くまで行ったら、
ほとんど更地の再開発の真っ最中という感じ。

近くの店で聞いてもそんな店はないと言われ、
再開発で廃業か移転したものと思いその場は諦めた。

で、それから半年位して、
たまたまその近くを通ったら、同じ名前の店を発見。

一時的に移転してたのかなと思い、
購入時に店員さんに今までどこで営業してたのか聞くと、
以前もなにも、姉妹店などもない完全な新規オープンとのこと。

半年前においらが食べたのは一体………?


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017-07-04 08:34 from -

No title

怖いと言うよりただただ不思議。むしろ体験してみたいな。

2017-07-04 08:37 from ポテチの王子様

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます