【怖い話 じわ怖】何か記憶が飛ぶレベルの嫌なことをされた 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 じわ怖】何か記憶が飛ぶレベルの嫌なことをされた 短編

前提情報として、私は女性です。

中学1年の頃、仲の良かった男子たちに、

「お前、荒井とはどうしてんの?」

とニヤニヤとからかわれた。

IMG_2313.jpg


その名前には全く聞き覚えがなく、
架空人物を作ってからかってるのだと思い、

「誰それ」
「またまたー」

と適当に笑って流していた。

すると、男子たちの様子がだんだん本気になってきた。

「荒井ってあれだよ、3組にいたやつだよ?」

「よく話してたじゃん」
「荒井太郎(仮名)だよ?」

と、みんな真顔で、
本当に思い出させようとしているような感じ。

こっちもその空気を感じたので、

「卒業までいた子?」
「私と荒井くん、どんな話してた?」

とか色々と聞いてみると、
小1から卒業までいた子で、
私とはゲームの話をよくしていたらしい。

その場では結局

「覚えていない」

という結論で終わり、
男子たちはみんなして

「えー・・・?」

と不思議な顔をして散っていった。

しかし、やっぱり気になったので、
小4から毎日のように遊んでいる女友達に、
荒井くんについて聞いた。

「うちで一緒に遊んだことあるよ。
<私>が誘ってきたんだよ?ゲームやったよ」

とけろっと言われたが、やはり全く覚えがない。

もうよくわからないので考えないことにした。

高校生になったある日ふと思い出して、
同じ高校に進学した、同じ中学の女友達に聞いてみた。
(その子は上記の男子たちとほぼ接点がない。
むしろ根っからの男嫌いで、口裏は絶対に合わせてない)

女友達曰く

「あー!あの天パーのでしょ?感じ悪くて嫌いだったな~」

とのことだった。

『天パー』という情報で何かがピンときたのだが、
やはり名前も顔も記憶にない状態だった。

後日、小学校の卒業アルバムが見つかり、
確認したところ、確かに荒井太郎くんはいた。

天パーだった。

しかし、顔を見てもやはり全く思い出せない。

一度も遊んだことがない他のクラスの子の顔と名前は、

「あーいたいた」

とだいたい覚えているのに、荒井くんだけ、

「仲が良かった」
「一緒に遊んだことがある」

という他人からの情報こそあるが、
さっぱり覚えがない。

今だから覚えがない、というのならまだわかるが、
小6まで仲良かった子が、中1の時点で覚えがないのは謎だ。

最近、mixiで母校を登録できるようになり、
母校を自分の名前入りで登録しておいたところ、
荒井太郎くんから足跡があった。

それも一度じゃなかった。

おそらく向こうは覚えているのだと思う。

プロフィール情報を見てみたが、
趣味やはり全く覚えがない。

本気で覚えてないのが申し訳ないので、
どうもコンタクトがとれず、
向こうも特にコンタクトはとってこないため、
荒井くんに関する記憶が抜け落ちていることが、
未だに確認していない。

人に話すと、

「何か記憶が飛ぶレベルの嫌なことをされたのでは」

とよく言われるので、尚のこと確認しづらい。

いつか同窓会とかで確認ができるだろうか。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます