【怖い話 じわ怖】元号が平成に変わった翌日、長編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 じわ怖】元号が平成に変わった翌日、長編

誰にも話してないから、

具体的に書いても身元割れないな。

元号が平成に変わった翌日、

だったと思う。

IMG_2590.jpg


当時厨房だった自分は高校入試を控えていて、
新宿の住宅地にある塾にいつものように通っていた。

対面から母子連れが歩いて来て、
子供のほうは二歳くらいの男児、
母親はうろ覚えだがたぶん20代後半くらいだった。

その男の子があんまり可愛かったんで、
(いわゆるショタロリではない)
自分は勝手に、その子に『平成生まれのコージくん』と名付け、
心の中で

「コージくん、これからの人生強く生きろよ」

などと励ましていた。

普段はそんなことしないけど、時代が変わった空気のせいか、
一人で幼い子の手を引く母の姿に、感慨深いものを抱いていたわけで。

その時は何事も起こらず、
当然会話のようなものもなく、ただすれ違って終わり。

自分の中でも、とるに足らない一時の遊びみたいな感覚だったが、
たまーに、本当にごくたまにコージくんのことを思い出しては、
今頃彼は小学校にあがったかなーとか、
そろそろ中学で反抗期かな、なんて想像をしていた。

ちなみに、コージくんて名前は、
当時ファンだった西武の秋山選手の名前から付けただけ。

よく考えたら、平成になった翌日のことなんだから、
コージ君は昭和末期生まれなんだが、
一人で心中で遊んだだけだから、別にたいした問題ではなかった。

コージくんのことなどほぼ忘れかけた平成17年の夏、
仕事で神戸に滞在していた自分は、
コンビニで煙草やジュースを買った。

レジの茶髪の若い店員が、

「○○円になります」

と対応した。

品物を受け取り、その場を去ろうとした瞬間、
レジの若者がこっちに向かって笑いながら、

「どーも。平成生まれのコージです」

と言ってきた。

一瞬、頭の中が???状態になって立ち止まった。

が、その後すぐに、

「あ、あ・・あ、どーもー」

と愛想笑いを浮かべて逃げるようにコンビニを出た。

自分は、親にも友人にも、
誰にも一切コージ君の話はしていないし、
誰かが知るよしもない。

まして見ず知らずのコンビニ店員が、
なぜ自分にそんな挨拶を唐突にしてきたのか?

いまだにわからない。

唯一の後悔は、
なぜその場でもっと店員と話さなかったか、
ということだ。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます