【怖い話 じわ怖】怖くはないけど、実際に体験した不思議な話。長編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 じわ怖】怖くはないけど、実際に体験した不思議な話。長編

怖くはないけど、実際に体験した不思議な話。

大学二年の夏の日。

実家に帰省していた俺は、

祖母に頼まれてお盆で使う物を買いに行っていた。

IMG_1822.jpg


隣町のホームセンターに車で向かう途中、信号待ちをしていると、
小学校中学校のときの同級生Aくんを見た。

横断歩道を渡っているAくんに声をかけるも、
気付いてないのか返事はなかった。

そんなに仲良くなかったし仕方ないかって思いながら、
俺は目的地に向かった。

その日の夜、地元の友人達と集まって遊んでいるときに、

「Aを見たよ」

となんとなく話してみると、

「俺も見た!」
「俺も俺も!」

と、何人もがその日にAを見ていた。

みんな中学卒業以来に見て、印象に残っていたらしい。

ある奴は、

「車ですれ違った。Aの家に止まってるバンだから間違いない」。

もう一人は、

「ローソンの駐車場でタバコ吸ってた」

と、皆それぞれ別の場所でAを見ていた。

おもしろくなった俺たちは、Aと遊ぼうということになり、
Aと一番仲のよかったBに連絡を取った。

Bに説明して、Aと遊びたいから呼んで来てくれと言うと、
Bは言葉を濁してはっきりしない返答をした。

わけを聞いてみると、Aとは最近連絡が取れなくて、
何をしているかわからない。

Aの実家に行って親に聞いてみても、

「最近は仕事が忙しくてあまり家に帰ってない」

ということらしかった。

仕事が忙しいなら仕方ないから、その日は解散した。

翌日、Aが死んだという連絡がきた。

自殺だった。

俺と友人たちは信じられなかった。

昨日見かけたAが死ぬなんて。

お通夜に行くと、同級生や先輩後輩、結構な人数が来ていた。

お盆だけあって、地元を離れていた奴らも帰省していたからだった。

斎場の駐車場で同級生が集まって、
皆信じられないといった話をしていた。

俺たちは、Aが死ぬ前日に偶然見かけた話をした。

すると、俺も私もと次々声があがった。

ほとんどの奴らがAを目撃していた。

「俺は墓場に行く途中にあいつのバンとすれ違って、
クラクション鳴らしたけど無視された」

「私は駅前の定食屋から出てきたときに偶然鉢合せして、
声かけたんだけど無視されたから、人違いだったのかなって」

Aは車内で硫化水素自殺を図っていた。

葬式で見た棺桶の中のAの遺体は、凄まじい色をしていた。

葬式に参列した中にも、Aを目撃していた人がたくさんいた。

同級生のお母さんは、

「私がパートしてるドラッグストアで洗剤買っていって、
それで死んじゃうなんて」

と号泣した。

先輩の消防隊員は、

「俺が一番に駆けつけたんだ。もっと早く行けたら救えたのに」

と号泣した。

虫の知らせだったのか、
Aと縁のある人はAの死の直前に目撃していた。

自殺の原因は、仕事場での人間関係だった。

あんなにAのことを見た人間がいるのに、
誰も少しの会話もできなかった。

「誰かと会話していたら自殺なんてしなかったかもしれないな」

と、中学の担任が言った。

Aの死後、地元の同級生たちは、
以前よりも連絡を取るようになった。

悩み事なんかを相談するために。

今年のお盆も、皆でAの墓参りをすることになっている。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます