[超怖い話 実話] 無っ黒こげの子供 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

[超怖い話 実話] 無っ黒こげの子供 短編

超怖い話 実話 短編


知り合いに消防士の仕事をしている人から聞いた、最近あった怖い話です。

深夜の2時すぎ、消防車の出動の放送があり現場に駆けつけた。

一軒家の2階建ての家が火事・・・

現場に駆けつけた時には火の手が2階まで回っていて、火の粉が隣の家まで飛んでいる感じだったそうです。


IMG_1858.jpg

運が良かったのか、そこに住んでいた家族は皆外に出ていて火事の被害はなかった。



『 バーン!!! 』



燃え盛る火事を消していると、突然玄関のドアが開いた

家の中が見え、家の中からもうもうとした火が外に出ていた。

数秒・・・・

ほんの数秒、火が小さくなった時・・・

家の中から


” 真っ黒焦げになった子供が手招きをしていた ”

のが見えたそうです。

まるで、こっちにおいで・・・

と言っているようだったと話していました。


超怖い話 ランキング ★★★★☆


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2018.06.25|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます