【怖い話 じわ怖】一日中仏間で電気もつけず仏壇に線香をつけていた。短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 じわ怖】一日中仏間で電気もつけず仏壇に線香をつけていた。短編

父親が病気で廃人になって

母親が過労で倒れたとき、

一日中仏間で電気もつけず

仏壇に線香をつけていた。

IMG_1585.jpg


線香がなくなったらコンビニに在庫全て買いに行って、
店員さんに気味悪がられていた…。

ある日気分が悪くて大量に吐いた途端、
吐瀉物が真緑色をしているのに気が付いた。

吐瀉物のにおいで線香だと分かった。

私は知らぬ間に線香を食べていたのだ…


今でこそ

「追い詰められてたんだなぁ~自分」
で済むけど、当時は本当にどうかしてたと思う。

一つの事を延々と繰り返してしまうのは、他にもいくつかあった。

やはり同じ理由で思いつめてて、
大量の鉛筆やシャーペンの芯をボキボキ折って布団に散りばめて寝たり、
バスクリンていう入浴剤を何故か毎日部屋中に撒いて放置したり…

明らかに狂ってるところもあったと思う。

よく精神科にかからずに治ったと思うよ…。

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます