【怖い話 じわ怖】あまり怖くないけど、うちの婆さんの話。長編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 じわ怖】あまり怖くないけど、うちの婆さんの話。長編

あまり怖くないけど、うちの婆さんの話。

うちの田舎は結構な山奥で、

土地が痩せてて

農作物があまり採れない。

IMG_2144.jpg


昔から住民同士お互い貧しすぎて盗るものがないのが分かってるから、
家に施錠をしないというより、鍵も閂も存在しない。

そんな過酷な環境のせいもあって年を取ると、
特に女が年を取ると腰が海老みたいに曲がりきってしまうのね。

でも都会と違って空気や食べ物が汚れてないからか、
定年退職がないからかは知らないけど、
病気もせずに長生きする人が多い。

で、うちの婆さんも病気はしなかったし長生きだったけど、
それでも足腰は弱って、海老状態から寝たきりになってしまってたのね。

頭は何ともないから、毎日世話をしてくれる息子夫婦に

「申し訳ない」
「情けない」

と繰り返すうちに、

「殺してくれ」

と言うようになった。

当時は老人性うつっていう心の病はあまり知られてなくて、
息子夫婦は婆さんをなだめる程度しかしなかったらしい。

そんなある日、息子夫婦が野良仕事を終えて帰って来たら、
珍しく婆さんが小さな椅子に座ってて、
えええ起きてる?と思ったら、
座ったままで首を吊って死んでたらしい。

自宅で死んでも医師の立ち会いがないと変死扱いになるとかで、
警察が来てそこで分かったのが、

・婆さんの布団あたりから土間まで、婆さんの手形が何度も往復したような感じで残っていた。
・土間には藁束が置いてある。
・首を吊っていた綱は、婆さんが土間の藁束で手作りして布団の下に隠しておいたもの。
・綱をかけてある梁にも、婆さんの指紋が残ってた。
・こんなお年寄りだし、首を吊る前に心臓が止まってたでしょうから、自然死にしときましょう。
(○○県警いい加減だな)

田舎の家だから、土間へ下りるにしても段差が凄いんです。

足腰の悪い婆さんが、土間へ転落してしまう可能性はなくはないけど、
落ちたら立ち上がらなきゃ上がってこれません。

婆さん立てません。

椅子に座るにしても、梁から綱を吊すにしても、婆さんひとりじゃできない。

うちの親戚の間では、なんとしても死ななきゃならんという意地が
婆さんの腰を伸ばした、て事で解決したんですが、
仮に立てたとしても、元の背が低い婆さんには届かない気がするのです。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます