【怖い話 じわ怖】クリスマスツリーの点灯式を見に行った時の事 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 じわ怖】クリスマスツリーの点灯式を見に行った時の事 短編

神奈川県の宮ヶ瀬ダムに、

クリスマスツリーの点灯式を

見に行った時の事です。

当時まだ幼かった私と祖父母が乗った車が、

IMG_1459.jpg


途中『虹の大橋』の真ん中で止まってしまいました。

原因は解らず、JAFを呼ぶまでの間、
待つのに飽きた私がダムを橋から見下ろすと、
ひまわりの花束が水面に浮かんでいました。

その花が『誰か亡くなった』と言う意味を持つ事ぐらいは解ったので、
気味が悪くなり水面を見るのをやめようとした時に、
水の中から人間の手が出て来て、花束をさっと水の中に持っていきました。

その動きがあまりに自然な動きだったので、
当時はその出来事がかえって異常な事だと思わず、
まるで当たり前の事の様に記憶していました。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます