【怖い話 ほん怖】高校の時の音楽の先生から聞いた話。短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 ほん怖】高校の時の音楽の先生から聞いた話。短編

高校の時の音楽の先生から聞いた話。

文化祭の近いある日、

音楽室で一人残ってピアノの練習をしていた所、

入り口付近に人の気配がする。

IMG_1910.jpg


ピアノを弾いているため、
その先生の位置からは誰が来ているのか分からない。


てっきり生徒の誰かが文化祭の相談にでも来たのかと思って、

「いいよ、入ってきなよ」

そう何度か声をかけたが返答は無い。

どうしたのかな・・・と思ううちに、
パタパタパタ・・・と足音は去っていった。

不思議に思って入り口を覗きに行くと、
そこに小鳥の死骸が落ちていた。

何とはなしにその先生は、

『ああ、死んじゃった子なんだな』

と思ってしまったそうだ。

かわいそうな小鳥は、
校庭のすみに埋めてあげたらしい。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます