【怖い話 意味怖】新しいガールズコレクションに向けて 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 意味怖】新しいガールズコレクションに向けて 短編

私はKというファッションデザイナー、

今も新しいガールズコレクションに向けて

モデルと服の打ち合わせをしている。

「今度のコンセプトは『男装麗人』ということで

IMG_1365.jpg


片方の娘にはウエディングドレスを着せるが


パートナーの娘には女性でも似合うスーツを・・。」



「Kさん、あの子は?」



其処にはオーディションで合格した子がいた。



もともと私は受からせる気は無かったのだが


「魅力がある」と推す者がいるので


仕方なく合格にしたのだが



「駄目だ!やっぱりコンセプトに合わないので帰ってもらえ!」


「そんな・・・」



一人が事情を話しに行くと彼女はうなづいて帰っていった。



泣いているみたいだったが・・・・。



数十年後、あの盛況が嘘のように


「Kの腕は劣化した」といわれるほど


私のデザインは世に受け入れられることがなくなってしまった・・・。



ヤケになって車を飛ばして事故にあい・・・・。



気が付くとどこか水の中にいるようなおかしな場所にいた。



「どうですか?」



目の前に白衣を着た女性がいた・・



あの時追い返した娘か!?



「あなたが、身にまとっていたものは全て焼却処分しました。


もう手のつけようが無かったもので・・・」


「!?」


「それがあなたの新しい身体です」


『私が悪かった、許してくれ!』


「しゃべれませんよね」


『頼む!』


「どうぞごゆっくり、時間はずっとありますしあなたにそれはよく似合いますよ」


蔑ろにしたために私はこれをまとって生きていかねばならなくなった。


強化ガラスのカプセルケースを・・・・。





【解説】





『水の中にいるようなおかしな場所』

『強化ガラスのカプセルケース』

という場所や



『あなたが、身にまとっていたものは全て焼却処分しました』

『しゃべれませんよね』

という言葉から、語り手は



”脳だけを強化ガラスの中でホルマリン漬けにされている”



と言える。



身にまとっていたものとは、脳以外の部分。



手の施しようがなかったからこそ脳以外の全てを破棄したのだろうが、

脳だけ残したのは復讐のためだろうか…?





脳だけを保管するなんて悪趣味な!

と思ったのでちょっと調べてみたら、

アインシュタインの脳なんかはスライスされて

各地でホルマリン漬けにされて保存されているみたいですね…。



現実は小説より奇なり…


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます