FC2ブログ

【怖い話 意味怖】少女が傷ついた人魚を磯で見つけた。短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 意味怖】少女が傷ついた人魚を磯で見つけた。短編

昔一人の少女が傷ついた人魚を磯で見つけた。

どうやって助けて良いのか困っていると

「海に戻してくれるだけで良いんです」

と人魚が言ったのでそのとおりにすると

IMG_1289.jpg


人魚は元気を取り戻しお礼に真珠をくれた。



それを影から見ていた陣根という男が



少女がいなくなった後何と人魚を殺して



肉をとり自分と娘の万理と食べてしまった。



人魚は不老不死の効力があるといわれ、



陣根はそれを狙ったのだ、



しかも娘の万理は結核だった。



七十年後、あの少女は真珠を元手に



裕福な暮らしを孫たちにも与えてやれるほど幸福になったが、



陣根と万理は一生苦しむことになった。





【解説】





人魚の肉を食べると不老不死になるが、

現在の病気が治るわけではない。



そのため、万理は結核を患ったまま一生を苦しむことになった。



陣根が苦しんでいるのはそんな娘を見ているのが辛いから…か?



もしくは、一生生きる続けるために働き続けなければいけない、

ということもあるのかもしれない。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます