【怖い話 洒落怖】『俺の顔はそんなに怖いのか・・・』短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 洒落怖】『俺の顔はそんなに怖いのか・・・』短編

結構前の事なんですが、

まぁとりあえず聞いてください。

俺はその日の夜

いつもと同じように風呂に入ったんです。

IMG_1641.jpg


特に何という事も無く入っていたんですが
体を洗っている時、鏡を見てふと

「思いっきり怖い顔をしてみよう」

と思いました。

そして体を洗いつつ考えて、
確か髪の毛を前にたらし
その間から睨むような目をする事にしました。

体についた泡を洗い流し、
鏡を見るのと同時に先程の顔をしました。

すると鏡には恐ろしい俺の顔と
俺の後ろに青白い女性(髪型から推測)が
鏡を覗き込むように立っていたのです。

一瞬にして鳥肌が立ち、
しかもその女性と目が合いました。

その瞬間両者共に『ビクッ』として、
向こうは畏怖の表情をしていました。

俺は頭の中が真っ白になりましたが
勇気を振り絞り後ろを向きました。

しかし当然の如く誰もいません。

その後は特に何もありませんが
自分の部屋に戻るとプリントに殴り書きで

『根っからのワルだな』

って書かれてました。

その日俺は布団の中で泣きました

『俺の顔はそんなに怖いのか・・・』

と。

今でも思い出すとへこみます。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます