【怖い話 洒落怖】「こういう時こそ金田一少年がいれば…!」 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 洒落怖】「こういう時こそ金田一少年がいれば…!」 短編

高校2年か3年の時、

ホームルームの時間。

担任の先生(40代男性)が

「それじゃ、今日はこれで…」

IMG_1339.jpg


と終わりの宣言をするその時でした。

「ゔ~~~~あ゙ぁ………」

いきなりスピーカーから女性のうめき声が聞こえてきました。

3秒ほどでブツッと途切れたのですがその途端教室は大騒ぎ。

「何、今の?!」
「いや~っ!!」
「うお~ッ!」

「隣のクラスも聞こえたんやろか?!聞いてくるわ!!」

と、隣のクラスに走る子もいました。
(結果、隣のクラスでは全く何も聞こえてなかったらしい)

そんな中で担任(40代男性)も上げていた叫び。

「ぬ~べ~!!」

顔がマジでした。

教卓に近い席では

「『ぬ~べ~』?」
「『ぬ~べ~』って何?」

とひそひそと囁きが交わされ、
それが何なのか知っている私は
その子達に尋ねられたらどうしようと、
無気味な声を聞いた時よりびくびくしてしまいました。


余談ですがその担任、
サ×××ラ事件が起き、
犯人がまだ特定されていなかった時のHRでは

「こういう時こそ金田一少年がいれば…!」

と真面目な顔で言い、
生徒を引かせていたのを覚えています。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます