【怖い話 洒落怖】非情にもひき逃げをしたそうだ。短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 洒落怖】非情にもひき逃げをしたそうだ。短編

一年ほど前に友人が猫を轢いた。

猫は執念深い生き物だから

轢いても罪悪感を持ったり、

かわいそうと思ったりしてはいけないと

yjimage.jpg


友人は考え、非情にもひき逃げをしたそうだ。

友人に異変が起こったのは
それから数日経ってからだそうだ。

いつものように真面目に講義を受けていると、
どこからともなく

「にゃ~ん」

と猫の鳴き声が聞こえてきたのだ。

キャンパスには猫が多いが、
教室にまで鳴き声が聞こえてくることなど
今までなかったので、不審に思って
周りをキョロキョロ見回してみると、
他の受講者はそろって友人の方を見ているのだ。

いぶかしく思いながらも、
講義に集中するとまた

「にゃ~ん」

と聞こえる。

そんなことがその日から頻繁に起こるのだ。

授業のときだけではなく、
家に一人でいるときや仲間と飲んでいるときなどにも
ちょくちょく泣き声が聞こえるのだという。

ある日、友人に他の学生が話しかけた。

「どうして○○さんは授業中に時々猫の鳴きまねをするの?」

友人はびっくりした。

家に帰り、デジカムをセットして、
自分を数時間撮影した。

それを見てみると、確かに自分が、無意識のときに

「にゃ~ん」

と猫の鳴きまねをしているのだという。

轢き殺した猫の祟りだと恐れた友人は神社に供養に行き、
猫を轢いた現場に魚を供えると、
この不思議な現象はおさまったんだってさ。

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます