【怖い話 本当にあった怖い話】コックリさんにまつわる私の実体験 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 本当にあった怖い話】コックリさんにまつわる私の実体験 短編

コックリさんにまつわる私の実体験です。

私がリア厨の頃、

例にも漏れずコックリさんが流行ってました。

夏休みのある日、

IMG_1816.jpg


どんな話の流れでそうなったのか覚えてませんが、
なぜか私の家でコックリさんをやろうという話になり
部活終了後、友達を含め5人でうちに集まり
そのうち3人がコックリさんをやりはじめました。

当時は厨房でしたので、質問内容といえば、

○○さんの好きな人は?
××先生(嫌いな先生)の寿命は?

などというくだらないことを聞いては楽しんでいました。

そして、いざ帰ってもらおうという時、
これがなかなか帰ってくれません。

「コックリさん、コックリさん、お帰りください」

これを何度いっても10円玉は「No」にいきます。

「もう、やだ!」

「でも、帰ってくれる前に放したらだめなんだよ!」

「どうしよう?」

もう、5人とも泣きそうでした。

そのとき、本棚にあった本のうち
一冊だけが大きな音を立てて落ちました。

私たちは驚いて顔を見合わせて

「きゃー!!」

と大きな声をあげて本棚から
一番離れた壁際にうずくまっていました。

少し時間がたって落ち着いてから、
その紙を破って川に流して
(とやるのは私たちの地方だけでしょうか?)
10円玉を使って・・・と、

それまでと同じ方法でコックリさんをやり終えました。

そして数ヶ月、特に私たちに
何か起こることもなく平穏無事に過ごしてました。

「やっぱり誰かが無意識に動かしてたんだね」

なんていう知ったかぶりの知識で
笑って済まそうとしていた頃です。

コックリさんをやっていた3人の祖父または祖母が、
ほぼ同じ頃に亡くなりました。
(忌引きで休んでいた日にちが3人とも被っていたので
1週間とずれはないと思います)

偶然の一致だと信じることにしています。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます