【怖い話 最も怖い話】友達の家に出る幽霊の話し。短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 最も怖い話】友達の家に出る幽霊の話し。短編

友達の家に出る幽霊の話し。

毎日必ず午前1時半

になると壁Aから壁Bへ、

作業服を着た男が同じように通り過ぎる。

IMG_1952.jpg


と言うので、俺は友達の家に
お酒を持って遊びに行った。

友達と俺は、
時間まで部屋に出る幽霊の話をつまみにお酒を飲んだ。

幽霊の出る時間の10分前に俺は、

幽霊の通り道にテーブルを置いたら
どーなるか実験してみたい!

と友達に提案し、
ワクワクしながら午前1時半を待った。

1時半になり、
予定通りに幽霊が壁Aから出てきた。

幽霊はテーブルの前まで歩いて行き、
テーブルの上をジャンプして飛び越し、
壁Bへ消えて行った。

友達は、幽霊って
いつも同じ行動しているわけじゃないんだね~。
と感心していた。

俺は、そんな冷静な友達を見て大爆笑してしまった。

残念な事に、
幽霊はその日を境に一切出なくなってしまいました。

(´・ω・`)幽霊に嫌われたのかな…


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます