【怖い話 最も怖い話】間違ってボタンを押さない限りベルが鳴るはずない 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 最も怖い話】間違ってボタンを押さない限りベルが鳴るはずない 短編

私はバスの運転手をしています。

私は結構田舎のほうで

バスの運転手をしているのですが、

夏、お盆の時期になると

IMG_1888.jpg


都会から実家に帰ってくる人が多いのかお客は増えました。

むし暑い夜だったので
冷房を聞かせすぎ異常に寒かったのを覚えています。

いつものように、走っていると
道端で手をあげる老人の集団を発見しました。

普通はバス停でとまらなくてはいけないのですが
田舎なので道端で手をあげてられたら
止まってもOKという暗黙のルールのようなのがありました。

もちろん手を上げられたので止まります。

その老人を乗せ。また出発します。

しばらく走っていましたが、
あまりにも老人たちがしゃべらないので
乗せて走っている事を忘れかけていたことろでした。

「ピンポーン」

下車を告げるベルが鳴ると同時に

「あ、そういえば客いたんだ。」

と気付きました。

ふと鏡で後の席をみると

「だれもいねぇ・・・」

よくよく考えてみると
バス停なんて近くになかったのです。

間違ってボタンを押さない限り
ベルが鳴るはずないんです。

しかし10mほど走ったところに墓地がありました。

「なるほど・・・」

私は、誰も乗っていないバスを止め扉を開き、
手をあわせました。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます