【怖い話 最も怖い話】一番恐怖を覚えた体験をひとつ・・・短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 最も怖い話】一番恐怖を覚えた体験をひとつ・・・短編

なんというか、霊感体質みたいで、

いままでにいろいろ体験しておりますが

そのなかで一番恐怖を覚えた体験をひとつ・・・

頃はワシが中学生の頃。

IMG_1895.jpg


父は単身赴任で姉母と三人で
ばかでかい家に住んでおりました

バレーボールやってたんで
学校から帰ってきて
なんかねむくなっちゃって
なぜか二間続きの二階の姉妹の部屋で、
姉のベッドで寝てうつらうつらしてたんだよね

ねえちゃんが大好きで、怖い夢を見るたびに
いつも姉のベッドにもぐりこんでおったからなのかな

うつらうつら状態なので
階下では姉と母の話す声が聞こえておった。

ああ~、いい気持ちだ~
とまどろんどいたんだが~
突然金縛り!

そうするとベッドの背後から
いや~な雰囲気が漂ってきたんだね。

うつぶせに寝ていたんだけど、
そうすると突然ただならぬ雰囲気が
増大するのが感じられて・・・・

・・と・・・突然ぬわ~という
悪意みたいなものが襲ってきて・・・

次の瞬間!

背中を何十本という指みたいなものに、

ドドドドッド!!!!

っと背中を突付かれた。

うわ~!!!

しばらく声が出せなくて、
力を搾り出してやっと金縛りがとけた

そしたら、さっき寝ていた姿勢と
おなじままだったんだ。

相変わらず一階では
姉と母の声が聞こえていた・・・・

この体験は誰にもいわなんだが、
あの恐怖は何年たっても忘れることが出来ない

そのご見えるという人に聞いたんだけど、
あの家・・・御殿には、
一階のソファーに三人の男の人が座っているって。

その家では家族争議や
いろんな悪いことが続いて結局手放しました。

でも昨日久々にあの家の夢をみました。

二度とあの家には戻りたくない



関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます