【怖い話 恐怖体験談】実際に俺の記憶に残ってる出来事 長編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 恐怖体験談】実際に俺の記憶に残ってる出来事 長編

インターネットを回覧している夢を見た。掲示板を

見ていて書き込もうとした時なぜか目が覚めてしった。

しばらく寝ようとしてたけどすでに目がさえて

しまっていたし暗かったけど

IMG_1920.jpg


もう夜明けまであまり間もないのでパソコンで時間をつぶすことにした。

掲示板を見ていていろいろ書き込んでたんだけど時間が早くてレスがつかない、つまんないから使われてなさそうなスレさがして自作自演で荒らし・煽りをしていたらいつのまにかレスがつくようになった。

そのレスは俺の荒らしについてとても丁寧で適切な返し方をしてくれたので俺は

「ああ、なんか俺ってバカなことしてんなぁ、こうゆうマナーのいい人に失礼だなぁ」

と思ってその人に事情を話してあやまった。

その人はすぐにレスしてくれて何回かレスしてるうちに共通の趣味とか見つかって気が合うみたいなんでチャット状態で掲示板をつかっていたんだけど俺がうっかりスレをageちゃったんだ。

そしたら

「ふざけんじゃねえよageんなよ、ぶっ殺すぞ、他の奴がきちゃうだろ!」

って言ってきた、まぁ俺が悪いんだけどなんか頭にきてそいつとの会話を終わらせたくなった。

寝るんで抜けますって書き込んで返事を待った、しばらくして返事が来た。

ごめん気分悪くした?とかもうちょっと話そうよ、とか必死に俺をそこにつなぎとめておきたいらしかったなんか気持ちわりー奴だなー最初はいい奴だと思ったのに・・・

と思いつつそのまま終わりにして電源をきった

ちょっと眠くなったので寝ようとしたら外で人の話し声が聞こえる

んだよ、こんな早い時間に外で話してんじゃねぇよって思って

気にしないで寝ようとしたんだけど、なんか声が耳について離れないしやけに話声が途切れずに聞こえてくる。

気になったので聞いてみた、そしたらそいつはさっき俺が書き込みしていた文をそっくりそのまま読んでいた。

怖くなって暑いけど聞こえないように窓をしめた、でもまだ聞こえる。

もう少しで俺が回線切って終わりにしたところだ、もう終わるな。

外の奴がすべてを話し終わってほっとしていた時俺のいる部屋の中で声がした。

「あやまったじゃん、なんでみんな僕を見捨てるの?」

って聞こえた、なぜか怖いとかじゃなくて泣きたいような気持ちになった。

終わり

夢だったのかもしれないけど実際に俺の記憶に残ってる出来事です。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます