【怖い話 恐怖体験談】北大旧教養部の南の部分はどうも怖い 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 恐怖体験談】北大旧教養部の南の部分はどうも怖い 短編

北大旧教養部の南の部分はどうも怖い

20年以上前、卒論を教養部の研究室でやった。

提出期限がせまると

夜遅くまで残っていた。

IMG_1966.jpg


夜中にもう帰ろうとおもって、そのトイレに入った。

もちろん明かりつけて。

我慢していた小の方をたして、手を洗って明かりを消してかえろ、と思ったとき。

入ったときまったく気がつかなかったんだが、一つの個室のドアが閉まっていた。

そのドアの下の隙間から、けっこう長い黒い髪の毛の束が外に出ていた。

その髪は湿っていて床にはりついていたが、ゆっくりと個室の中にずるずるとひっこんでいるようにみえた(この点は記憶あいまい:見て動揺したので)。

トイレに入ったときには明かりは消えていたはず、そんな髪の毛もなかったはず、明かりを消して(たぶん、あまり記憶なし)、あわててトイレを飛び出して足をもつらせながらその前の階段を駆け下りて、建物をでた。

冬だったので寒かったけど、じっとりと汗をかいて下宿に戻ったときは気分がわるかった。

夜遅くにあのトイレにはいくなよ。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます