【超怖い話 実話】怪談のような怖さはないんだが、むしろイヤな気分ののこる怖い話 長編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【超怖い話 実話】怪談のような怖さはないんだが、むしろイヤな気分ののこる怖い話 長編

俺の実体験なので、

怪談のような怖さはないんだが、

むしろイヤな気分ののこる怖い話をひとつ。

もう今から10年以上前の話なんだが、

IMG_2100.jpg


当時付き合ってた彼女とあまり上手くいってなかった。

なんていうか独占欲の強い女で、プライドと嫉妬がとにかく凄い。
俺の実家の妹にまでヤキモチを焼くくらいの女で、さすがにガマンの限界を感じた。
俺は『もう別れよう』と思ってたんだが、向こうには俺と別れる気なんかサラサラないらしかった。

ところが、ある晩、俺が部屋で独りでのんびりしてると、いきなり部屋に彼女から電話がかかってきて、「あんたなんか私の彼氏じゃないよね?」といきなり言い出した。
妙なことを言う女だと思って、俺もカチンときて怒鳴り返してやろうと思ったんだが様子がおかしい。

なんていうか、空元気というか強い態度をして、声の震えを押し殺そうとしてる雰囲気が感じられた。
でも「何かあったのか?」と聞くと、シラを切ろうとするんだよね。
ただ「あんたは私の彼氏じゃないよね?」とだけ、何度もただ確認してくる。
そこで俺はピンときた。

俺と二股かけてた男がいて、どっちが本命なのかと詰め寄られたんじゃないか・・・とね。
だから俺は、彼女のそばで電話をきいているヤツがいればそいつにも聞こえるようにと、「俺はお前の彼氏だよ!」とでかい声で言ってやった。

そしたら、電話口の向こうから「どうしてそんなことを言うの!?」って声と大きな物音が聞こえて、それっきり電話が切れた。
うしろめたくなって電話をかけ直したが、電話は何度かけても繋がらず、話し中の音しか聞こえなかった。

だんだん俺は自分のしたことが怖くなった・・・。
彼女が二股をかけてた男の怒りを買って何か怪我でもさせられてるじゃ・・・。
だとしたら俺のせいでもある・・・。

どうにもじっとしてられなくなって、俺はすぐに自転車を飛ばして彼女のアパートに行った。
もう夜中で電車がなくて、彼女のアパートに着くのに自転車を一時間以上もこがなくてはいけなかった。

しかし、全てがもう遅かったのだ。
彼女のアパートには、もう警察やら野次馬やらが集まっていて、夜中なのにうるさいくらいだった。
そこから先は想像のとおりだ。
俺の彼女は無残な死体で発見された。

隣の部屋の人が悲鳴を聞いて通報して、警察が部屋に踏み込んだら、もう・・・。
しかし、犯人らしき人物は見当たらず、俺自身がはじめは容疑者扱いされた。
たまたま俺が家を出るところを近所の人が何人も見ていたのと、電話の通話記録で・・・俺の話が嘘じゃないのを信じてもらえて、やっと容疑者じゃなくなったくらいだ。

しかし結局、真犯人は見つからずじまいで、彼女の遺族はまだ俺を疑ってるらしい。
ただ、俺は、警察にも言ってない、犯人の心当たりが一人だけいる。
いくらなんでも誰も信じないだろうという心当たりが。
もちろん俺も信じたくはない。

いつか心の整理ができたらまた書こうと思う。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます