【超怖い話 実話】「いっつも同じ家の夢をみるんだよ」長編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【超怖い話 実話】「いっつも同じ家の夢をみるんだよ」長編

同じ家とか場所とかを繰り返し夢に

見ることはあるだろうか?

別に続きモノって事ではなく、

ホラーであったり日常的であったりと、

IMG_2426.jpg


関連性はないけど舞台がいつもそこってやつ。
大抵は昔住んでた家だとか友人や親戚の家だったりとか・・・。
でも全く覚えがない場所だが、よく夢に見るということがある。
学校でそんな話をしていて、友人が教えてくれた話。

彼は昔からよく夢に見る場所があった。
ちょっとばかり洋風の普通にある住宅で、2階建てだという。
いつから見るようになったのかは覚えていないが、中学に入ったときにはすでに、ああまたかと思えるくらいだった。

彼にはとても仲のよい友人Kがいた。
家が近所で母親同士も仲がよかったため、お互いの家を行き来して毎日のように遊んでいた。
好きな漫画もゲームで使うキャラも一緒。
成績も同じくらいで、身長体重も変わらない。

中学1年の時にいつも通り遊んでいると、夢の話になった。

「いっつも同じ家の夢をみるんだよ」

食いついてきたKも同じような体験をすることがあるらしい。
メモ用紙に家の間取りを書いて説明すると、Kも同じだと言った。
いろいろ話している内に全く同じ家のように感じた。

奇妙な偶然に好奇心が刺激され、お互いの夢の話をすることが多くなった。
家は割と広くて4,5人の家族が住めそうな所。
だけど二人とも1階の角部屋だけは入ったことがない。
中学という微妙な年齢のこともあって、どちらが先にあの部屋に入るか競争しようということになった。

その頃から悪夢が続くようになった。
家の中を包丁をもった殺人鬼に追い回されたり、姿の見えない幽霊に追いかけられたりで、例の部屋に近づくことは出来なかった。
最初は「俺たち前世で兄弟だったんじゃね?」と盛り上がっていたが、次第に夢の話はしなくなった。

彼曰く、あまりに似すぎている自分たちが正直気味が悪くなったと、顔は似てるわけではないけど、本人達にしか分からないシンパシーのような物があるんだと。
それは彼も同じだったようで高校は別の所を選んだ。

でも仲のよい親友であることには変わりなく、電話で話したりはしていた。
部活や進路を決めるような時にはお互い別々にしようと暗黙の了解があった。

大学に進む頃には違う生活環境で次第に疎遠になっていた。
冬休みに実家に帰省すると久しぶりにKから年賀状が届いていた。
年賀状にはペットの犬の写真。

「ああ、チョコまだ生きてるんだ」と懐かしかった。
印刷の『あけましておめでとう』の下に小さく書かれたKの筆跡。

「あの部屋に呼ばれた。俺が先に行くぜ」

その言葉に血の気が引いた。
数日前に見た夢で彼も部屋に呼ばれたのだ。
変わらず一定周期であの夢は見ていたが、そのときはなんだか雰囲気が違った。
誰もいない家の中を歩いていると、なんとなく、ああ、今ならそこに行けるなという気分になったという。
ただ彼は行けなかった。
行こうとしたときに携帯が鳴って起こされた。

学校が始まってしばらくしたときに母から電話がきた。
Kが行方不明になったらしい。
一人暮らしをしていたアパートから忽然と姿が見えなくなったと。

何か知らないかとKの親が聞きにきたというのだ。
もちろん夢の話など出来るはずもなく、知らないと言うしかなかった。
それから半年以上が経ったが、まだKは見つからない。

疎遠にはなっていたが、とても寂しくて仕方がないと落ち込んでいた。
先を越されたと悔しい気持ちもあるんだと。

対して怖くもないかもしれないけど、正直俺はぞっとした。
俺もまた同じように毎度でてくる家がある。
夢で見たことを他人に話してはいけないと祖母が言っていた。
それまでなんとなく言いつけを守っていたけど、そういうことかと納得した


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます