【超怖い話 実話】友達と車で毎晩のようにナンパに行っていた。短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【超怖い話 実話】友達と車で毎晩のようにナンパに行っていた。短編

二十歳の夏の時の話。

友達と車で毎晩のようにナンパに行っていた。

とある海岸通りを過ぎ、友達が「収穫ないし

、今日は帰るか?」と話かけてきた。

IMG_1996.jpg


「明日も仕事だしな、帰るか」、と俺。
そんなこんなで帰り道、車を走らせていると、あるトンネルの入り口に白いワンピースを着て、むぎわら帽子を深々と被った女の子を発見!

時計を見ると夜中の2時を回ったあたり。
「こんな時間にこんなところで何やってんだ?」と友達。

「とりあえず車をUターンさせろ」と俺。

車をUターンさせ彼女の近くへ。

「こんなところで何やってるの?」

助手席から話かけるも無言・・・とりあえず車を脇に寄せ、歩いて彼女に近づき、再度話かけるも無言・・・。
ふと彼女の足元を見ると裸足、しかもびしょびしょに濡れている。
友達が深々被ったむぎわら帽子を覗き込もうとすると顔を背ける。???

「こんな時間に一人でこんなところいたら危ないから送ろうか?」

またしても無言・・・。
何かえもいわれぬ気味悪さを覚えその場を退散。

その日はそのまま帰宅し、数日たったお盆休み。
両親と弟は田舎に墓参りにいって、その日は一人。

昼の2時?くらい、連日の夜遊びで疲れが溜まっていたのかウトウトと昼寝をしてしまった。
一時間位昼寝をして、時計を見ると15時過ぎ。

すると、玄関が開く音がする。

「アレ?誰かきたのか?」

横になったままボーッとしていると勝手に上がりこんだみたいな足音がする。
足音をよーく聞くと、ピチャピチャと濡れたような音。
しかも一人じゃない・・・。

やがてその足音は2階にいる俺に気づいたのかしらないが、階段を上がりだした。
あまりの恐怖でガタガタと震えている。
無意識のうちに、身体は金縛りなのか寝た状態から動かない。

『ガチャン!!』と部屋の扉が開く。

そこには、数日前の夜中、トンネルで見た白いワンピースの女と、もう一人ひまわり柄のワンピースをきた女が立っていた。

二人ともむぎわら帽子を深々被り顔が確認出来ない。
幽霊ってこんな昼間でもでんのかよ??と呟く余裕もなく二人がベッドの側に歩みよってくる。
そしてベッドの横に立ち、白いワンピースの女がひまわり柄の女に「ねぇ、誰かさんに似てない?」

するとひまわり柄の女が、俺の顔を覗き込むように顔を近づけた。

「うん、似てるフフッ」

その女、目は空洞顔は真っ黒。

「ギャーーーー」と力の限り叫んだところ、身体が動くようになり、その女達も消えました。

が、自分の部屋のベッドにいたつもりが、なぜか風呂場で倒れていて時間は夜の10時を過ぎていました。

未だにあの日の経験はなんだったのか?
不思議で仕方ありません。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます