【怖い話 心霊・怪談】「特に何の変哲もない事故でしたよ」短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 心霊・怪談】「特に何の変哲もない事故でしたよ」短編

警官をしている友人が、数年前に体験した話。

そいつは高速道路交通警察隊に

勤めているんだけど、ある日、

他の課の課長から呼び出されたんだって。

IMG_1870.jpg


内容を聞くと、一週間前にあった東北自動車道の事故の詳細を知りたいとのこと。
その事故ってのは、一家四人が乗った自動車が、平日の深夜に中央分離帯に激突して、全員死亡した事故の事だったらしい。
事件のことを少し詳しく話すと、高速を走行していた長距離トラックから、××インターチェンジ付近で乗用車が燃えているって通報があって、夜勤で待機していた友人が現場に直行したんだけど、友人が到着した時には、既に乗用車の中にいた人は全員黒こげになって死んでたんだって。

その後、身元の特定と検死が行われて、歯の治療記録から、死んだのは東京西多摩地方に住んでいる家族だってのがわかった。
死んだのは加藤正さん(仮名)とその妻の恵美、長男の正一、長女の恵那の四人。
アルコールが検出されたとか、見通しの悪い場所だったとかの、事故を起こすような要因は見つからなかったんだけど、特に不審な点もなく、そのままハンドル操作のミスによる普通の事故として処理されたんだって。

それで友人も、「特に何の変哲もない事故でしたよ」ってよその課の課長に言ったらしいんだけど、
その課長が、実は・・・て言って、呼び出した理由を話してくれたんだって。

その話によると、昨日の夜に少年が東京の○○市にある警察署に訪ねてきて、「僕が死んだとニュースでやっていたのだけど、僕はいったい誰なのでしょうか?」って言ったらしい。

少年の話をまとめると、一昨日の朝に朝寝坊して起きたら、家に家族が誰もいない。
どこかに行ったのだと思い、そのまま気にも留めていなかったが、夜になってもだれも帰ってこないし連絡もない。
心配になって警察に連絡したが、子供の悪戯だと思われたのかすぐ切られてしまった。

祖父母や親戚に連絡してみたが、誰も連絡を受けていないと言われた。
そのまま朝まで待っていたが、つけっぱなしのTVのニュースから、自分も含めた家族全員が死んだことになっていると知った。
そんなことはないはずなので、詳しく知りたくて訪ねて来た、とのことだったらしい。

その話を聞いた友人は、その事故の資料を改めて提出したんだけど、見直してて不思議なことに気づいたんだって。
家族の歯科治療記録との照合で、父親、母親、長女は間違いなく本人だって判明したんだけど、長男は頭部の損傷が激しく、照合ができなかったと記録に書いてある。
しかも、家族は青森近くで事故を起こしたんだけど、両親は中部地方出身で東北に知り合いはいないことが、その後の調査で明らかになっていた。

その当時は、旅行にでも出かけた際の事故って事になったんだけど、どうにも不自然なことが多すぎる。
それで友人は、資料を提出してから数日後に、例の課長に事件の進展を聞いてみた。
すると課長は、口ごもりながらこう答えたらしい。

例の少年は、身体的特徴や見た目は死んだ長男によく似ていたが、歯形が違うため別人だと思われる。
そのことを告げると少年が錯乱したため、心療内科のある警察病院に搬送した。
その後の調査で事故死した家族の家を調査したが、事故後誰かが住んでいた形跡はなかった。
そのことを告げると、少年は完全に精神に異常をきたしてしまったため、
結局どのこの誰だか分らず今も病院にいる。
もう済んだ事だから、今後かかわらなくていい。

友人はそこまで話すと、最後にこう言った。
黒コゲの死体は本当は一体誰で、自称長男の少年は一体誰なんだろうな?
それと、あの家族は何で平日に、誰も知り合いのいないところに向かっていたんだ?

俺は思うんだ。
あの家族は何かから逃げてたんじゃないかって。
何から逃げてたのかはわからないけどな。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます