【怖い話 不気味な話】このままじゃ本当にいつか死んでしまいそうで・・・。短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 不気味な話】このままじゃ本当にいつか死んでしまいそうで・・・。短編

うちの兄は鬱病になって、大学を何とか卒業したは

いいが現在家で1日中ぼーっとしている。

何を考えてるのか良く分からないし、

動きも凄く遅くてはっきり言って気持ち悪い。

IMG_2378.jpg


というか怖い・・・。

そんな兄と両親と暮らしている。
事件が起こったのはある深夜のこと。

いつも俺が夜のバイトを終えて帰ってきた時にはすでに両親と兄は寝っている。
その夜も例外ではなくみんな寝静まっていて、俺もそのまま床に就いた。
ちなみに兄と両親は同じ部屋で寝ていて、俺はその隣の部屋で寝ていて仕切りの障子は開け放してある。

で、しばらくうつらうつらしていると誰かが起き出しトイレに行った。
足音で兄だと分かった。
まあそんなことは良くあるし気にもしていなかった。
そしてしばらくすると兄が帰ってきて、俺は薄目を開け見るともなしに兄の動きを見ていた。

兄は寝室に入りゆっくりと床に向かう・・・と思った瞬間、物凄い速さで音もなくこちらへ迫ってきた。
兄の顔がぴったりと俺の目の前で静止し、俺が「あっ」と思った瞬間にはもう動けなかった。

それと同時に聴覚への刺激があった。
兄の声だ。
何かをぶつぶつと、聞き取れないほど小さな声で言っている・・・。

それはお経だか呪文だか、なんの抑揚もない不気味な調子でとてつもない恐怖を感じた。
なんだか分からないがそのまま聞いていると気が狂いそうな感覚に襲われたのだ。
このままじゃやばい、そう思った。

体を動かそうとするがまるで体に筋肉がないかのようにまったく動かない。
声を出そうとしても蚊の鳴くような声で「あー」だか「うー」だかしか出ない。
焦りながらもう一度体を動かそうとすると開放されるかのように体が動き声も出た。
兄はもう俺のそばにいなくて、布団に入るところ。

半分狂ったようになりながら「兄ちゃん、今何かしただろ」と繰り返す。
兄は「何も・・・」と言うだけ。
恐怖に襲われながらも、すぐに寝入ってしまってその日はなにもなし。

あれから1週間経つがあのときのあの声が今でも忘れられない。
まるで俺を呪い殺そうとするような、じわじわと生気を奪われそうな不気味な声だった。

あの日から兄の無表情の裏に物凄い殺意が潜んでいるような気がしてならない。
最近は寝ても寝ても疲れが取れないし、なんかノイローゼ気味。
車に乗っていても気がついたらぼーっとしていて、1日に1回は急ブレーキを踏んでしまう。
なんだかこのままじゃ本当にいつか死んでしまいそうで・・・。

考えすぎだろうか・・・。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます