【怖い話 じわ怖】幸せになるっていうのは嬉しいし、でも怖い。短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 じわ怖】幸せになるっていうのは嬉しいし、でも怖い。短編

自分にとってはすごく怖い話。

小学校から中学2年の

ころの生活はどん底で、

継母には毎日殴る蹴るされ食事ももらえず、

IMG_2518.jpg


実父は浮気三昧で帰ってこないし、電気ガス水道は全部止められ、
継母の実子ではない私は、奴隷同然の生活だった。

そんな時に、百科事典のセールスレディみたいな人が家に来て、
外面だけはすばらしい継母が対応してた。

継母の実子はまだ幼児だったし、
私のことを継母が自分から言うわけないから、
なぜ呼ばれたのかは分らないけど、
継母に呼ばれたから玄関先に行ってみたらその女の人が来てたって感じ。

その女の人(50代くらい?)が私を見るなり「手を出して」って言ったので、
どっちの手かは忘れたけど、手を出したんだと思う。

モジモジしてたら継母に殴られると思ったし。

その女の人は手相を見てたんだと思うけど、

「この子は今がどん底、これからどんどん良くなる。
きちんと年をとって、死ぬ間際が一番幸せな子だよ」

って言った。

それはすごく覚えてる。

でも、その時の私にとっては気が気じゃなかった。

こんなこと言われたら、後で絶対にボコボコに殴られると思ったし、
すごく止めて欲しくて緊張がマックスになって、
「プッ」っておならが出ちゃったんだよねwww

すっごい継母が睨んでるのが分って、
手を慌てて引っ込めて

「ごめんなさいごめんなさい」

っていってたら、その女の人が、

「いい?私が帰った後にこの子を殴ったらひどい目に会うよ」

って言って、そのまま百科事典も売らずに帰って行った。

で、一昨日の話です。まだ怖くて震えるんだけど。

今は結婚してマンションも購入し、夫と犬と幸せに暮らしている。

仕事にも恵まれ、その百科事典売りが言ったように上り調子に。

継母は前回の話の数ヵ月後に、とうとう切れた私がグーで殴ったら、
翌日学校から帰ったら消えてたし、
その後突然実母が現れて、高校大学と面倒を見てもらった。

で、一昨日、マンションのエントランスから
インターホンがなったので出てみるとヤ○ト運輸だったので、
心当たりの荷物もあるし解錠、ハンコ持って玄関先で待ってた。

玄関でピンポンがなったから疑いもなくドアをあけたら、
おばさんが立ってたので「あれ?」と思ってたら、

おばさん、玄関にスルッと入ってきて、「手を出して」って言った。

その時点では、私は全然過去のことを思い出してもいなかったし、
怖いヤバい変な人だって思って、

「出てください、何なんですか!」

と、おばさんを外に押しながら、ちょっとパニクってたと思う。

おばさんは、

「大丈夫だとは思うけど、思うけどね、落ち着いて。手を出して。気になってたのよ」

みたいなことを言ってたと思う。

で、突然、過去の百科事典売りのことを思い出して、私はフリーズ。

おばさんは私の手を取って、

「やっぱり大丈夫ね。家族を見つけたのね、良かった。良かった。
驚かしてごめんね。でももう大丈夫だよ。
あなたは幸せになったし、もっと幸せになるから。
じゃ、ごめんください」

って出て行った。

まだ夢だったらいいのにって感じもあるし、怖いし、
でも幸せになるっていうのは嬉しいし、でも怖い。

その後、玄関でボーっとしてたら宅配便が本当に来たから、
夢ではないと思うんだけど。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます