【怖い話 じわ怖】「きっと、お前たちを守ってくれてる者なんだろう」長編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 じわ怖】「きっと、お前たちを守ってくれてる者なんだろう」長編

小学校低学年のころ、自分・弟・弟の友達の三人で、

自宅で遊んでいたときのこと。

かくれんぼか何かをしていて、

亡くなった祖父母が使っていた部屋をのぞいたのです。

IMG_2285.jpg


数年前から使われていない部屋は薄暗いはずなのに、
そのときは緑色の光に照らされていました。

きらきら綺麗なその光におどろいた自分は、
弟とその友達を呼んで、部屋の中に入りました。

光の正体は、部屋の奥に浮かぶ緑色の球体でした。

サッカーボールくらいでしょうか。

緑の光を発する球体が、部屋の奥にあるのです。

あんまり綺麗なので

「お母さんにも見せよう!!」

と、三人で台所にいる母のところへ走っていきました。

けれど母を連れて戻ると、
部屋は薄暗いいつもの部屋に戻っていました。

がっかりしている自分たちに、
母は何を見せようとしたのか聞きました。

「緑の綺麗な光があった!」

そのあとに続けて、

自分は

「その中に小さい龍が居た!」

弟は

「角が2本ある、鬼みたいな何かが入ってた」

弟の友人は

「怖い顔したなにかが入ってた」

と言いました。

母と、後で話を聞いた父は、

「きっと、お前たちを守ってくれてる者なんだろう」

と言い、その部屋を子供部屋にすることになりました。

これにより自分と弟は(二人一部屋とはいえ)自分の部屋を手に入れたので、
あの緑色の光には感謝しています。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます