【怖い話 じわ怖】帰宅後夕飯食べて、自室で本読んでたら携帯が鳴った。短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 じわ怖】帰宅後夕飯食べて、自室で本読んでたら携帯が鳴った。短編

10年位前の事。

帰宅後夕飯食べて、自室で本読んでたら携帯が鳴った。

知らない番号だったが、基本電話には

出るようにしてるので、

IMG_2299.jpg


その時もなにも考えずに出てみた。

「もしもし」

と呼び掛けるも、向こうからは何も聞こえない。

とても静かな場所からかけてるらしい事だけは解るが、
相手からの声は聞こえない。

何度か呼び掛けて、応答が無いから切ろうとしたとき、

『寒い…凄く寒い…』

と、そこそこ年齢を感じさせる声が聞こえた。

「どうしたんですか?と言うかどちら様ですか?」

と訊いても、

『寒いんだ…』

と震えた声が返ってくるだけ。

因みに季節は夏で、猛暑の年だった。

そのうち電話が切れた。

悪戯だろうとは思ったが、基本仲の良い数人の友人にしか
番号教えてない時代だったので、
万が一、助けを求めてる人が間違い電話をかけたのかもしれないと考えて、
すぐリダイヤルした。

そしたら、

『この電話番号は現在使われておりません』

のメッセージ。

確か着信拒否の場合、メッセージは異なる筈。

悪戯だとして、どんな手法を使ったんだろう。

未だに謎。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます