【怖い話 ほん怖】マンションのすぐ近くをうろついてて事故死。長編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 ほん怖】マンションのすぐ近くをうろついてて事故死。長編

10年前、

学生の頃に住んでた杉並区のマンション。

当時で築10年くらい。

最上階3階だったんだけど、

IMG_1227.jpg


夜になるとたまーに上から足音が聞こえる。
(いつもほとんど夜しかいなかったので、
夜しか聞いてないんだけど)

上に誰かいるのかと思い、
見に行こうとしてもドアに鍵がかかっている。


マンション下からは全く見えないので、
向かいの5階建てマンションへ行き、
自分のところを見てみた。

が、しかし、
水道タンクとかしかない。

頻繁にではないのであまり気にせず、
猫でもいるのかと思ってたが、
友達が泊まりにきたときに

「これ絶対猫じゃねえよ、うち猫いるからわかる」

と。

それでも俺は別に気にしなかった。

卒業と同時に引越決定。

引越作業してるときに玄関開けて掃除とかしてたんだけど、
水道業者のおっちゃんが2人ほどいた。

点検だかなんだか。

屋上に出入りしているようなんで、
ちょっと覗きに行った。

やはり、タンクとかそういった設備しかなかった。

おっちゃんが俺に気づいて、

「どうしました~」

って言った。

俺は

「いやー、よく屋上で歩いてる音してたんだ…へへへ」

みたいな。

そしたらおっちゃん、
顔色変わってやんの。

聞いたら、
すぐ隣のマンション屋上に住んでいる大家(それは俺も知ってる)の息子が、
いわゆる知的障害で、ちょっと隔離されていたそうだ。

それで、このマンションの屋上に小屋みたいなプレハブで住んでたと。

そのプレハブなんかの設置も、
その工事業者さんがやったらしい。

息子さんは10年ほど前に、
マンションのすぐ近くをうろついてて事故死。

それからそのプレハブはなくなったそうです。

2DKで65000円は安いと思ったわどうりで。

でも何もなかったからよかった。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます