【怖い話 意味怖】「マスター、無事で居てくれよ、しかしほんとにあの人漫画が好きだね」短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 意味怖】「マスター、無事で居てくれよ、しかしほんとにあの人漫画が好きだね」短編

俺が仕事帰りに通っているバーのマスターは酒も好きだが、

漫画好きでいつもカウンターで漫画の話をする。

ある日バーに寄って見ると休みの日でもないのに

様子がおかしい。

IMG_1351.jpg


「マスター!いないのーー?」



するとドアが少しだけ開いて



マスターがスマンというしぐさをするとこういった。



「いやーーー!悪い!、俺としたことが材料を切らしてさ、



それで我侭聞いてもらえるかね?」



「何?」



「ここに書いてある材料買ってきてくれないかな?」



「いいけど」



メモにはこう書かれていた



「ホワイト・ラム」「コアントロー」「ライムジュース」



俺はこのメモとマスターの様子から最近強盗がこの辺で荒稼ぎをしている、



という事件を思い出しすぐに警察に駆け込んだ。



事情を聞いた警察はすぐにバーに向かって行った。



「マスター、無事で居てくれよ、しかしほんとにあの人漫画が好きだね」





【解説】





『「ホワイト・ラム」「コアントロー」「ライムジュース」』

をレシピとするカクテルは

『X-Y-Z』



名前の意味には、

XYZ がアルファベットの最後であることから、

「これ以上良いものは無い究極のカクテル」とか

「これ以上のものは作れない究極のカクテル」

という意味合いが込められているとする説がある。



他にも、同様の理由で、

「もう後が無い」「最後の」といった意味が込められているとする説もある。

(Wikipedia参照)



この『X-Y-Z』は

名作漫画「シティーハンター」の中で、

”もう後がない(ので助けてくれ)”

の意味で使われている。



マスターも語り手もお互いに漫画好きだったため、

マスターが言葉には出せない助けを求めていたことに気づくことができた。





しかし…このお店の『X-Y-Z』は

『ライムジュース』を使用していたのだろうが、

多くの『X-Y-Z』は『レモンジュース』という認識なのだが…。



語り手は常連だから関係ないか。



しかし、警察を呼んだ後は記載されていないが、

これが仮に痴話喧嘩をしていて、

それに対して助けてほしい、だとしたら…



警察に「早とちりしました…」と謝ることになるのだろうか…。



まぁ、そしたらこんな回りくどいことはしないか。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます